京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
平成17年3月定例会 総括討論
 失礼いたします。
 私は、今3月定例会に提案されました第4号議案から第48号議案までの全議案に対し、賛成ならびに承認の立場で、若干の意見・要望を申し上げ、討論をいたします。

 混迷を続けている舞鶴市民病院を建て直し、経営健全化を図りながら、今一度市民の皆様に安心感を与え信頼される自治体病院としての地位を取り戻す。このことが、新しい病院事業管理者の唯一無二の使命であると存じます。

 この4月から関西医科大学から内科医師を派遣いただけるとのことであり、わずかな光明が見えてきた市民病院でありますが、まだまだ乗り越えていかなければならない課題は少なくありません。もはや何人の医師を派遣いただけるのかということではなく、市民病院の存在意義とは何か、そして市民から選ばれる病院となるにはどうしたらよいかという、経営ビジョンそのものの構築から今一度立ち返る必要があると考えます。さらに慢性的な赤字経営を改善するためには人件費等の削減に対し大鉈を振るわなければならず、同時に老朽化施設への対応、職員の意識改革、そして何より提供する医療の質の向上など、数え上げれば枚挙に暇がありません。

 江守市長は平成17年度を『病院改革・再建元年』と位置づけられております。4月から設置される病院事業管理者には、ぜひとも『必ずやり切る』という信念を持ってご就任いただき、強いリーダーシップを発揮していただきますようよろしくお願いいたします。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2005.03.20 Sunday | comments(2) | trackbacks(0) |
平成17年3月定例会 一般質問
 【質問項目】

  1.三位一体の改革について
   (1)国庫補助負担金の削減案の総括について
   (2)義務教育費国庫負担金について
   (3)今後の優先課題について

  2.経営戦略推進室について
   (1)職員の意識改革と市役所の風土改革について
   (2)重点課題と今後のスケジュールについて

  3.本市の人口減少問題について

  4.ごみ有料化について
   (1)目標値について
   (2)不法投棄対策について

 失礼いたします。
 私は質問事項を4項目に絞り、通告に従って質問をさせていただきます。関係理事者には、的確かつ明快なるご答弁をいただきますようお願いいたします。


質問1:三位一体の改革について

 政府が掲げる三位一体の改革は、まさに最終段階を迎えようとしております。もともと関係省庁は地方に対する影響力を失いたくないと考え、改革に消極的であったため削減案をまとめることができず、地方に丸投げしたのが昨夏のことでありました。私から見れば動機は極めて不純であった訳でありますが、しかし一方では、地方分権を進める上で当事者である地方の意見に耳を傾けられたことは非常に画期的なことであり、大きな意義があったといえます。

 実は国が地方に意見を聴いたのは、今回が初めてではありません。今から遡ることおよそ150年前の嘉永6年(1853年)のことであります。東インド艦隊司令長官ペリーがアメリカ大統領の国書を携えて浦賀に来航した際、時の老中安部伊勢守正弘が、これを国家の一大事と捉え、先例を破り周囲の反対を押し切って、諸大名や幕臣に、この国書への返答についての意見を提出させたことがあったそうであります。この国難に当たった措置が、結果的に諸大名に発言の機会を多く与えるきっかけになったというのが、歴史の一般的な評価であり、時代が移り変わった現代社会においても、真の地方自治の確立に向けた私たち地方の声を、真摯に受け止めていただきたいと、切に願うものであります。

 さて国からの要請を受けた地方六団体でありますが、削減案の取りまとめには、大変なご苦労があったと伺っております。日本全国3,000もの地方自治体が議論すれば、みなそれぞれにそれぞれの実情があって意見が同一であるはずがありません。にもかかわらず短い期間で意見を集約され、最終的に3.2兆円の削減案を提出されたことは驚愕に値すると存じます。まさに『小異を捨てて大同についた』結果であり、そのご努力に対し、最大限の敬意を表するものであります。さらに江守市長は昨年6月から全国市長会の副会長をお勤めになられている関係上、この削減案のメニュー作りには、地方六団体の中でも中心的な役割を果たされてこられたのではないかと拝察するところであります。

 昨年11月には、様々な問題点を指摘されながら地方は政府・与党の示した全体像を容認し現在に至っておりますが、私は地方の自主・自立という観点から、地方六団体がまとめた国庫補助負担金の削減案について質問いたします。

 まず1点目に、全国市長会副会長である江守市長は、この国庫補助負担金の削減案の作成に際しましては主にどんな役割を担ってこられたのかお聞かせいただきたいと存じます。またその過程や削減案の内容におきまして、総論としてはどう捉えておられるか、お尋ねいたします。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2005.03.19 Saturday | comments(2) | trackbacks(0) |
平成16年9月定例会 総括討論
 失礼いたします。
 私は、今9月定例会に提案されました第57号議案から第84号議案までの全議案に対し、賛成ならびに認定の立場で、若干の意見・要望を申し上げ、討論をいたします。

 『協働』という言葉が生まれてずいぶん経ちますが、時にはそれが一人歩きをし、実を伴っていないことも少なくないと存じます。しかし今回提案されました、可燃ごみの有料化に係る条例制定は、まさに市民と行政との協働の、最たるものと申し上げても過言ではありません。これまでの取り組みは、いわば出されたごみをひたすら回収し処分することに追われていた訳でありますが、これを契機に、年々増加傾向にあって留まることを知らないごみを如何にして減らすのか、市民自らもお考えいただくことは重要であると考えます。またご努力いただくほど経済的な負担が少なく、排出量の多い方には応分の負担をお願いするシステムを構築され、公平性という観点からも配慮がなされていることについて高く評価いたします。さらに、ごみ有料化に併せて古紙の分別収集や電気式等生ごみ処理機の購入助成などを同時に実施し、分かりやすい形での減量化を進める施策は他市に例がなく、その効果が大いに促進されることを期待するものであります。先程協働と申し上げましたが、今回は市民に対し、負担をお願いすることになります。行政としてそのことをしっかりと胸に留め、最大限の効果が得られるよう全力で取り組んでいただきますことを強く要望いたします。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2004.10.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成16年9月定例会 一般質問
【質問項目】

  1.少子化対策について
   (1)本市の合計特殊出生率について
   (2)少子化対策と家庭について
   (3)在宅育児支援について

  2.高潮対策について

  3.学校教科書の採択について
   (1)絞り込みについて
   (2)学校票方式について
   (3)情報公開について

 失礼いたします。岡本忠藏でございます。
 私は質問事項を3項目に絞り、通告に従って質問をさせていただきます。関係理事者には、的確かつ明快なるご答弁をいただきますようお願いいたします。

質問1:少子化対策について

 まず、少子化対策についてお尋ねいたします。
 政府が本格的に少子化対策に乗り出したのが平成2年、前年の合計特殊出生率が1.57に急落するという、いわゆる『1.57ショック』を受けてのものであります。しかし残念ながらその後も年々低下を続け、まったく回復の兆しがないまま今日に至っていることは、ご高承のとおりであります。
 年金や介護などの社会保障制度への影響だけでなく、若年労働力や消費の縮小による経済力の低下、地域の活力の衰弱など、少子化による人口の大幅な減少は民族の存亡にかかわる重大な問題であるといっても過言ではありません。

 さて私は、少子化対策と子育て支援は、似て非なるものであると考えております。例えば国が進めてきた少子化対策の重点施策を見てみますと、育児休業取得のための環境整備、低年齢児保育や延長保育など多様な保育サービスの充実、小学生等の放課後対策の充実などが挙げられます。つまり総じて言えば、働く女性に対する子育て支援に比重を置きすぎて、専業主婦に対する配慮が少なからず欠けているのではないかと私は感じます。確かに日本では女性の社会進出が叫ばれて久しいですが、一方では家庭に軸足をおきたい女性の割合も一向に衰えていないと聞き及んでおります。家庭という、声なき声に耳を傾けることがこれから進むべき少子化対策の第1歩ではないでしょうか。

 以上のことから考えますと、国の定めた全国均一的な事業を推進するだけでなく、地方自治体としても地域の実情を柔軟に捉えた独自の少子化対策が必要ではないかと思えてなりません。以上のことを踏まえ、以下3項目にわたって質問をいたします。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2004.10.05 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成16年6月定例会 総括討論
 失礼いたします。

 まず、先日の幹事長会において、本市入札制度の改正についての報告がなされました。5月臨時会の開催に引き続き、いち早く懸案事項の改革に取り組まれ、結果をお示しになられたことを高く評価するものであります。その後速やかに市民に対して告知をされておりますが、特に大きな混乱はないと聞き及んでおります。とりわけ指名業者の事前公表を取りやめたことは現在のこの厳しい経済情勢であるからこそ可能にするもので、誠に理にかなったものであり、将来に向けての大変な財産になろうかと存じます。また一方今回の改正によりまして、透明性はかなりの面で改善されたものの、公平性については議論の分かれるところであります。3月定例会におきまして、社会・経済情勢の変動に応じて見直しする必要があるというご答弁をいただいておりますことから、今後も引き続き、さらなる改善にむけて取り組んでいただきますようお願い申し上げます。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2004.07.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成16年5月 第2回臨時会 総括討論
 信頼を得ることは非常に難しく、そして失うことは実にたやすいことであります。本市が自治体としての信頼を取り戻せる日が来るのは、いつになるのでしょうか。そう思わざるを得ないほど、この半年の間、本市では誰もが想像し得ないことが立て続けに起こってまいりました。市民病院の多くの医師の辞職による、2度にわたる内科診療の大幅縮小、誘致した企業の撤退表明、納税にかかる郵送文書の誤記、さらに先日は保健センターにおいて、ワクチンが融解し不良となっていたことに気づくのが遅れ、乳児4人に接種させてしまうという事態が起こったばかりであります。今臨時会の提出議案はこのいずれにも直接は関係ありません。しかし、市民はそれぞれを切り離して考えたりはしないものであります。そしてこれらの不名誉な案件の大本をたどれば、どの部署・誰ということでなく、市役所全体の油断と惰性の産物ではないかと思えてなりません。市長を筆頭に本市職員全員は、改めて全体の奉仕者としての使命を自覚していただき、襟を正して職務に精励していただきたいと強く申し上げておきます。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2004.05.27 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成16年3月定例会 一般質問
質問項目】

  1.行政改革について
   (1)進捗率と自己評価について
   (2)実効性の確保について

  2.入札制度について

  3.高潮対策について

失礼いたします。岡本忠藏でございます。

私は質問事項を3項目に絞り、通告に従って質問をさせていただきます。関係理事者には、明快なるご答弁をいただきますようお願いいたします。


質問1:行政改革について

 まず、行政改革についてお尋ねいたします。

 バブルの崩壊と呼ばれた長期にわたるわが国の経済不況は、国民に大きな打撃を与え不安を駆り立てながら、いまだ抜本的な解決がなされていないまま、今日に至っております。

 本市におきましては、その痛みを最小限に留めるべく、早くから舞鶴火力発電所などの大型プロジェクトに着手されてきたところであり、市長をはじめ、各方面にわたる関係者のご努力と先見の明に深く感謝を申し上げる次第であります。しかし当初予想していたよりもはるかに長いこのトンネルは、いまだにその出口を見出すことができず、一部では小さな光が見えてきたという話も聞こえてまいりますが、膠着化している本市の経済情勢を考えますとそのかすかな光が地方にまで本当に届いてくるのだろうかという懸念の声も聞こえてまいります。そして不況の深刻化は必然的に税収を財源とする自治体に大きく影響を与えるものであり、またできるだけ景気に左右されない自立的な行財政運営を確立するためにも、さらなる行政改革の必要性があることは、言うまでもないことであります。

 本市においては平成13年度から舞鶴市行政改革大綱を策定し、1点目は市民と行政との『協働』、2点目は最少の経費で最大の効果を挙げる『経営』、3点目には自己決定・自己責任による『自立』という3つの観点から取り組まれているところであります。一口に行政改革と申しましても、様々な視点から取りまとめられているものでありますから、その内容が多岐に渡ることは当然であると理解しております。しかしあえて申し上げますが、『本市の財政はこのままでは2年後に赤字に転落してしまう』と私たち議員も聞かされているところでありますし、さらには現在でも基金を大幅に取り崩しながら事業を展開していることや、市債残高が年々増加傾向にあることなどから考えますと、実質赤字とも解釈できる財政運営でありますことから、3つの観点の中でも、特に『経営』という分野に主軸をおいた行政改革が今、求められていると存じます。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2004.03.25 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成15年12月定例会 総括討論
 失礼いたします。私は、今12月定例会に提案されました、第78号議案から第87号議案、そして第89号議案から第95号議案までの全議案に対し賛成の立場で、若干の意見・要望を申し上げ、討論をいたします。

 まず、第78号議案、平成15年度一般会計補正予算(第4号)であります。

 歳出全般において人件費の補正がなされておりますが、これは人事異動や育児休暇に関わるものに加え、先頃の11月臨時会においての条例改正に伴う給与改定などを含んだものであります。ご高承のとおり、本市におきましては人事委員会を設置するための基準、人口15万人を満たしていないため、その代わりとして国の人事院勧告に準じ、給与の見直しがなされたわけであります。その人事院によりますと、内外の厳しい社会経済情勢の下、民間では経営効率化や企業収益の改善が進んだ企業も見られることを示しながら、一方では平成11年以来連続して特別給の年間支給月数がマイナスになる厳しい経営環境であったことも明らかにしております。公務員の皆さんにおいては、5年連続で年間所得が下がるという厳しい内容ではありますが、改めて全体の奉仕者としての使命を自覚していただき、襟を正して市民の期待と要望に応え、一層職務に精励されることを期待するものであります。
続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2003.12.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成15年9月定例会 総括討論
 失礼いたします。私は、今9月定例会に提案されました、第49号議案から第69号議案、そして第71号議案から第73号議案までの全議案に対し賛成並びに認定の立場で、若干の意見・要望を申し上げ、討論をいたします。

 まず第49号議案、一般会計補正予算(第2号)であります。総務費では総務管理費において、北近畿タンゴ鉄道が行う公文名地区・笠水踏切に対する遮断機設置事業への補助が措置されております。ここは神社への参道も兼ねており、宗教上の観点から塞いではならないとの声もあったとお聞きしておりますが、全国的にも踏切での痛ましい事故が絶えないことに加え、地域住民のご理解を得たものと拝察し、この度遮断機を設置できる運びとなったことは喜ばしいことであります。残りの遮断機未設置箇所についても早期に適切な処置がなされることを期待いたします。

続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2003.10.01 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
平成15年9月定例会 一般質問
【質問項目】

  1.男女共同参画社会について
   (1)ジェンダーフリー教育について
   (2)本市の男女共同参画社会への取り組みについて

  2.本市職員の青年海外協力隊への派遣について

  3.最終処分場の延命化策について

失礼をいたします。岡本忠藏でございます。

私は質問事項を3項目に絞り、通告に従って質問をさせていただきます。関係理事者には、明快で的確なるご答弁をいただきますようお願いをいたします。


質問1:男女共同参画社会について

 まず、男女共同参画社会についてお伺いをいたします。

 1999年に制定された『男女共同参画社会基本法』では、男女がお互いを尊重しながら責任を分かち合い、その個性と能力を十分に発揮できる社会の実現を目指すことが高々と謳われております。

 私自身、この趣旨には大いに賛同しそのような社会の早期実現を請い願うものでありますが、昨今、男女共同参画の名を借りた、ジェンダーフリーという誠に不可解な教育が一部の教育現場で広がりつつあると聞いております。この思想は男らしさや、女らしさを全面的に否定する極めて乱暴な発想であり、例えば端午の節句やひな祭りは、古来の封建的社会の象徴であり男らしさや女らしさを強調する催しであるとしてその存在すら否定しているとのことであります。このような発想が一体どこから出てくるのか。ただ唖然とするばかりでありますが、日本人の心を育んできた伝統や文化までを否定し冒涜する、およそ認めることのできない思想であります。

 このジェンダーフリーという概念が日本に現れたのは、90年代後半のことと聞いております。もともと単なる『文法上の性』という意味であったジェンダーという言葉をアメリカのフェミニスト達が『社会的・文化的に作られた性』と意訳して用いたのが始まりで、ジェンダーフリーは日本に持ち込む際に作られた、いわゆる和製英語であります。今日の脳性理学では、体も脳も性別は生まれつき決定されていることが解明されており、ジェンダーの言う『この世に生まれてから大人や社会によって植えつけられた』という考えは、科学的見地からも全く根拠がないのであります。子供達が成長の過程に従って、より男らしく、より女らしくなっていくことはごく自然なことであり、無理やり性差をなくそうとするこの種の教育には、別の意図を感じざるを得ないのであります。

 このようなジェンダーフリーが瞬く間に広まった背景には、男女共同参画審議会が1996年に策定した『男女共同参画ビジョン・21世紀の新たな価値の創造』の中にあります。このビジョンの中では『社会的・文化的に形成された性別(ジェンダー)に縛られず』とあり、この考えをベースにして基本法が制定されたことから誤解が広まり、男女共同参画社会基本法自身の是非についても、多くの議論がなされてきた経緯があります。そして昨年11月には福田官房長官が、また12月には当時の内閣府男女共同参画局長であった坂東真理子氏が、『基本法はジェンダーフリーを目指すものではない』との答弁を行い、政府見解が明らかになったところであります。

 なお別の見解として、ジェンダーフリーは画一的に男女の違いを一切除外するものではなく、男女という枠組みを外し、対等な立場で捉えようとするものだという解釈もあるようでありますが、私の知る限り、それは無知と誤解から出た解釈と言わざるを得ません。

 最近ではジェンダーフリー教育の一環として、小学校の修学旅行先で男女を同室で宿泊させたり、高校において同じ教室で着替えをさせる自治体も実際に現れ始めたと聞き及んでおります。このような男女共同参画は明らかに方向性が間違っており、多感な思春期の生徒達に与える悪影響は計り知れません。

続きを読む >>

| 議会報告(市議会) | 2003.09.27 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
 
<< | 2/3PAGES | >>