京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 衛藤晟一 参議院議員。 | main | 天ケ瀬ダム再開発事業。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
オオクワガタの蛹化。
h250617:オオクワ001
我が家で育てているオオクワガタがサナギになり、幼虫からサナギになる瞬間を初めてとらえましたのでアップします。この子は昨年羽化した個体ですが、同じ時期に同じ親から生まれているのに、かたや昨年羽化したものもいれば、残りは今年、サナギになって晩夏から初秋あたりに羽化するという個体もいる、なんとも不思議です。

h250617:オオクワ002
蛹室をつくってどれくらい日数が経ったでしょうか、幼虫がパンパンに膨れてきたので、いよいよかなぁ~という雰囲気が出てきました。実際にはこの数時間後に蛹化が始まりました。

h250617:オオクワ003
議員活動の合間に書類をとりに帰宅したら、あれっ幼虫がなんか変!と思えば、頭が裂けているのが分かりました。この時点で頭の形からたぶん雄だなあと感じました。

h250617:オオクワ004
かなり進みましたね。幼虫の皮を脱いだ瞬間からこの大あごが露わになっていきます。あのイモムシがこうなるんですから、生命の神秘です。蛹化した瞬間は真っ白です。

h250617:オオクワ008
蛹化して数時間後、少し色づきましたが体が透きとおっています。もうすっかり落ち着いて一息ついているな~というのが何となく分かります。

h250617:オオクワ006
1日くらい経つと透明感がなくなってきました。どんどんと体を作り変えているんですね。

h250617:オオクワ007
ただジ〜ッとしているわけではなくて、こんなふうに寝返りを打ちます。うつぶせになっていることもあるのですが、体をつくる過程で必要な動きなのかもしれません。

このままそっと数か月間過ごし、羽化に備えます。ときどき覗き込んでニンマリしている自分を想像するとなんとも変な趣味ですが、成虫を見ているよりも、交尾⇒産卵⇒幼虫⇒サナギ⇒羽化という成長の過程を見ることの方がおもしろいです。まったくのビギナーなんで、まだまだ手さぐりですが、最近は私がクワガタ飼育をしていることが少しずつ知られてくるようになって、会う人とそちらの話題で盛り上がることも出てきました。もちろんカブトムシなんかを子どもたちに見せてやると大興奮ですしね。カブトムシやクワガタを通じてコミュニティをつくりあげるのも可能性としては十分あり得るなあと感じています。

JUGEMテーマ:オオクワガタ飼育 

| カブト・クワガタ 〜男のロマン〜 | 2013.06.16 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/939
トラックバック