京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 海上自衛隊の練習艦隊。 | main | 後援会連絡所カンバン。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
続・海上自衛隊の練習艦隊。
h250418:練習艦隊001
前日は舞鶴市の関係者が主宰する練習艦隊の歓迎会でしたが、この日はその返礼として、練習艦『かしま』の艦上レセプションにお招きいただきました。その最中に、ちょうど日の入りの時刻、自衛隊では当たり前のことなのですが、サンセット・セレモニーが行われ、艦旗が納められました。この時、そこにいる全員が艦旗を注目しています。

h250418:練習艦隊002
たくさんの幹部候補生たちと話をしましたが、彼は潜水艦を希望しているそうです。イメージしていただけると思いますが潜水艦は閉ざされた狭い空間で隠密行動をとるという性質がありますので非常に苛酷な任務です。しかし潜水艦の力量がそのまま海にかかわる安全保障に直結しますのでぜひ頑張ってもらいたいです。

h250418:練習艦隊003
それと同時進行で、西舞鶴でその他の幹部候補生たちの歓迎会が開催されていました。艦上レセプションを終えてそちらに合流しましたが、こちらはこちらで盛り上がっていました。あとからの参加ですっかり乗り遅れでした。

h250419:練習艦隊002
そしてすべての日程を終えた練習艦隊が早朝の舞鶴湾を出港していきました。先頭から『かしま』、『いそゆき』そして『しらゆき』です。幹部候補生たちは甲板に立ち、こちらに向かって手を振っています。

h250419:練習艦隊001
彼らは日本一周をした後世界一周の遠洋航海に旅立ちます。分かってはいたけれども洋上での生活に戸惑いというかカルチャーショックを感じているようでしたが、海上自衛官としては誰もが通る道なのでしょうね。航海の安全とともに、未来の日本の安全保障と国際貢献を担う彼らの活躍を願ってやみません。

JUGEMテーマ:自衛隊について
 

| 自衛隊と共に。〜陸海空〜 | 2013.04.19 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/925
トラックバック