京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 岡本忠藏後援会『新春の集い』! | main | ひな人形。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
マグロの畜養。
以前から京都府丹後地方の伊根湾で行われていたマグロの畜養の現場に行きたかったのですが、念願かなって視察させていただきました。冬の日本海ですから悪天候で当たり前、寒くて当たり前。『本当に行くんですか?大丈夫ですか?』と何度も確認されつつ、『は?はあ、お願いします。』ということで、ある程度覚悟したうえで現場に伺いましたところ、なんと前日までの風雪とこの日の天気予報とは裏腹に、風も雪も雨もやみ、ベタ凪の絶好のコンディションで視察させていただくことができました。

h250212:001
ちょうど生け簀から釣りあげたマグロの処理をされていました。クレーンを使わないと移動させられません。なんせ軒並み私の体重より重いんですから。

h250212:009
今日あげたのはこの6本のようです。一番手前のが格段にビッグ・サイズですね。みな東京の築地に送られるらしく、地産地消とはいかないようです。地元では買い手がつかないんですね。

h250212:002
ひと段落後、エサをやるということで船を出していただきました。『日本で最も美しい村』の一つ、伊根町が誇る『伊根浦舟屋群』です。この舟屋、現在は230軒が伊根湾を取り囲んでいるそうです。国の重要的建造物群保存地区の選定を、漁村としては初めて受けています。

h250212:003
生け簀が見えてきました。こんなに近くなのかぁと思ったのですが、ここでも水深は何十メートルもあるそうです。しかし生け簀に向かって船のスピードが落ちません。おいおい、ぶつかるぞ!と思ったら・・・。

h250212:004
そのままゆっくりと生け簀の網を乗り越えて中に入ってしまいました。スクリューは網を巻き込まないようにカバーが掛けてあるのだそうです。

h250212:005
この日に用意されていたのは地物の新鮮なサバでした。我々人間がおいしくいただけそうな立派なサバでしたが、ぽいっと投げ入れるとにわかに生け簀の中が沸き立つような感じになって、目にも止まらない素早さで巨大な魚影が行き交いはじめました。

h250212:006
スピードがありすぎてなかなかうまくとらえることが難しかったのですが、こんな感じです!大きなサバを一飲みしてまた潜っていきました。

h250212:007
奥にもふたつ、生け簀が見えますね。計画的にすべてのマグロを出荷していき、4月くらいにはすべていなくなるということです。

h250212:008
経営している中谷水産の漁師さんたちと視察メンバーで記念撮影。大変貴重な経験をさせていただきました。いろんなところに視察に伺いますが、特に記憶に強く残る現場になったと思います。

------------------------------------------------------------------------------

ここで卵から育てるのではなく、沖で捕まえてきたものをここまで運び、ここで数ヶ月間滞在させて、その間に肥えさせて脂をのせる、だから『畜養』と呼んでいます。とにかく驚いたのは泳ぐスピードがけた外れに速いことでした。

漁師さんたちは潜水士でもありますので生け簀の中にもしょっちゅう潜るらしいのですが、『牛が高速で泳いでいるみたい』と表現されていました。何かの拍子にぶつかったりはしないのかと聞くと、ギリギリのところで避けていくのだそうで、しかし頭はよけても時々尻尾でひっかけられることもあるのだとか。彼らが生け簀の中を調子よくグルグル泳ぐとその水圧で周りの網に押し付けられるということで、子どものころに読んだ絵本のちびくろサンボみたいですね。

彼らは大海を自由に泳いでいたわけで、狭い網に入れられることでストレスから生きていけない個体もあるようです。また適応できない場合、網に頭から突っ込んでしまってぶち破り、体が挟まって死んでしまったり、体が傷つくと治らずそのままなのだそうで、衰弱していくなど、気を配らなければならないことも多そうです。何せ1本が何百万円という価格で取引されるわけですから、粗雑にできるはずがありません。

1年のルーティンとしては、8月ごろに沖合で捕まえたものを網で囲ったままゆっくりとそのまま伊根まで持ってきて生け簀に入れます。そしてじっくりと太らせて12月ごろから出荷していき、4月ごろにはすべて売りつくす、という流れでした。

私はドーナツみたいになっているところに一方通行でグルグル周回させているのかと思っていたのですが、実際は普通に円く囲っただけで、マグロはどれかが動くとみなそれに合わせて泳ぐ習性があるそうで、何となく生け簀の中の規律が保たれているということです。

兎にも角にもワクワクして楽しかったです。かつてマグロを食べるのは日本人だけでしたが、日本食が世界に広まってマグロもおいしいものなんだということが認知されて乱獲などの問題が懸念されるまでになってしまいました。こうした事業による日本で安定供給できる体制づくりや地域経済の活性化、水産振興など、いろんな思いが駆け巡る視察となりました。

今日の視察を受け入れてくださった中谷水産さんと、計画や準備をお世話になった伊根町議会議員の濱野茂樹さんをはじめ、上辻亨さん、和田義清さん、どうもありがとうございました。

JUGEMテーマ:マグロ 

| 食をつくる!農林水産。 | 2013.02.13 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/909
トラックバック