京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< イージス艦『あたご』から。 | main | 知事への表敬訪問と京都府警察年頭視閲式。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
私学振興。
毎日のように新年互礼会へ参加させていただいていますが、今日は京都市内で京都府私立中学高等学校経営者協会の新年賀詞交歓会に出席させていただきました。

当たり前ですが行政が運営する公立学校と学校法人が経営する私立があって、今日は私学の経営者の主催によるもので関係者が一堂に会しました。私学振興は市町村よりも京都府との関わりが強いため、議員の関わりも主に京都府内選出の国会議員と京都府議会議員が担います。今日も府議会議長をはじめ多くの京都府議が出席していました。

京都市内の私学はたくさんあるのだと思いますが、京都府北部に目を移しますと、私の地元・舞鶴市は聖ヨゼフ学園・日星高等学校のみで、福知山市の共栄学園と福知山成美高校、そして宮津市の暁星高校の4校のみとなっています。当然、公立学校との競合は避けられないため、少子化で子どもの数が絶対的に少ない中での生徒の確保には大変苦労されており、今日もそんな話がよく出ていました。

昨年は私は私学との関わりが深まった年だったなあと今振り返って感じています。
たとえば、去年の4月には日星高校出身の上田萌さんが世界ろう者卓球選手権大会に日本代表選手として出場し、何と個人・ダブルス・団体のすべての種目で金メダルを獲得され、夏には京都府スポーツ賞特別賞の受賞を一緒にお祝いさせていただきました。
また私が顧問をしている舞鶴シビック・クラブというボランティア団体が日本テレビの8月の24時間テレビの舞鶴会場(らぽーる)の運営の一切を任されているのですが、そちらにも日星高校のチアリーディング部の出場と放送部の参加を学校にお願いし、しっかりと対応いただきました。またその時に別途出場していたダブルダッチのチームのパフォーマンスに驚いた学校が今度は日星高校の学園祭に来てほしいということになって、私も彼らを引率しました。もちろん大盛り上がりです。

今までも入学式や卒業式などで校風に触れてきた機会はあったのですが、実際に何かを一緒にやるということができて私にとってもとても新鮮な出来事で、学校なのですから学力向上やしっかり勉強できる環境を整えることが第一義にあるわけですが、彼らもいわば地域を支える一員なわけですから、彼らの良さをうまく引き出して地域に関わってもらうことの重要性を再認識しました。

去年で味を占めましたので、今年はどんな仕掛けができるかなあとひそかに目論んでいます。

JUGEMテーマ:教育 

| すべての根幹は教育にあり! | 2013.01.11 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/900
トラックバック