京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 定例会のあと。 | main | 国立舞鶴医療センターの母子医療センター・LDR病室。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
新しい家族ができました!
平成24年10月11日、娘が生まれました。長男と11才離れた妹です。忘れかけた記憶を思い出しながら、あーそういえばこうだったなぁとか上の子の時はこうだったのにそれに比べてこの子はこうやなぁとか、これまでの日常とは違う慌ただしさが出てきて大わらわの1週間でした。これから再認識するであろう子育てのことはおいおいまたその都度書くとしまして、今回は名前についてです。

長女に『悠里(ゆり)』と名付けました。私が名前をつけるときにはまず姓名判断で言う画数を考えます。全体の運勢を司るオールに31画としました。女が持てば自他ともに許す吉運数、才女運です。それ以外にもフット・ハート・サイドにも吉数を配置しまして、全体的に良い画数になったと思います。

次に漢字についてです。
誠に恐れ多いことですが、悠仁親王殿下の一字をいただきまして『悠』を付けさせていただきました。時間や場所が永く広くなっている様を表した字です。次に『里』ですが、人々の生活の営みの原点であり、人間と八万の神々との繋がり、山や川、海との繋がり、都会との繋がり、そういった様々な結び付きの鎹(かすがい)となって欲しいという気持ちを込めました。

さらに大和言葉についても、我が師匠である林英臣先生にアドバイスをいただきました。『ゆり』という字は、包み込むような大きさがあって、それでいてゆったりとしているのですが、しかし回りに流されていくのではなく、内面にしっかりと自分を持っているという字なので、とても良いのではないかと言っていただけました。

まず親だからこそできる最初の大きなプレゼント、名前について、心を込めて娘に送りました。



| 家庭 | 2012.10.16 Tuesday | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
わぁ。おめでとうございます。

悠里ちゃん。とっても綺麗な名前ですね。
大きくなって「どうしてこの名前なの?」って聞いてくれる日が楽しみですね。





| じゅんち | 2012/10/17 10:10 AM |
>>じゅんちさん

ありがとうございます。そちらも大きくなられたんでしょうね。
自分は子供の頃、自分の名前がとても嫌だったんですが、いまは気に入っています。将来ちゃんと我が子に伝えたいものです。
| おかちゅう | 2012/10/18 11:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/880
トラックバック