京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 舞鶴警察署暑中訓練納め式。 | main | 吉原の万灯籠。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
国立舞鶴医療センターの産科。
独立行政法人国立病院機構 舞鶴医療センターでお産ができることをみなさんご存知でしょうか。私が舞鶴市議だったころに産科の医師がゼロになって休診状態だったわけですが、すでに産科の医師が1名ではあるものの配置されたのがどれくらい前になるでしょうか。一方で国立舞鶴医療センターでは助産師の活用を充実させ、院内助産所を設置して助産師外来を開始してから5〜6年になります。この産科医師と助産師が中心となって他院ではなかなか見られない産科診療体制ができており、昨日はご縁をいただいて外来の様子をうかがうことができました。

興味深いのが大学病院と連携した『京都府胎児超音波遠隔操作診断システム』です。京都府立医科大学と回線で繋がっていて、診断の結果、実際に府立医科大学病院に転院して適切な治療を受けられた事例があるようです。実際の4D画像も見せていただいたのですが、赤ちゃんの顔などが立体に映し出されておもしろかったです。

国立舞鶴医療センターのお産は、お産の仕方の選択肢が広くて妊婦さんへのケアが手厚いのが特徴だと思います。
まず産科の定期的な外来の場合、医師の受診に加えてもれなく助産師による相談を別室で受けられます。医師不足の折、一般的に産科医師の医療環境はとても厳しいので一人一人に細やかに丁寧にケアすることは現実的に難しく、妊婦さんからするといろんな不安や心配を相談することすらはばかれてしまう状況にあります。妊娠のしんどさと医師とのコミュニケーション不足が不信感へと変わり、さまさまなトラブル、ひいては訴訟につながってしまう事例もあると聞きます。そうした心のケアを充実させるため、国立舞鶴医療センターでは助産師が大きな役割を担っておられるのです。

いわゆる通常の分娩もできますし、院内助産所での分娩もできます。院内助産所にはLDRという和室のワンルームマンションのような部屋が備わっており、いずれの出産も可能なわけです。いわゆる『フリースタイル出産』というものらしいですが、聞けばけっこうなニーズがあるとのことです。

京都府中丹地域医療再生計画の修正にあたっては、京都府が各関係医療機関の調整にかなり汗をかいてくれ、ちゃぶ台をひっくり返すことなく落ち着かすことができ、国の承認を受けることができました。その一環で、舞鶴市北吸地区にある京都府立こども療育センターと府立舞鶴支援学校北吸分校が国立舞鶴医療センターの敷地内に移転して一体的に運用されることが決まっており、私はこのことをきっかけにして舞鶴や京都北部の産科と小児医療の大きな拠点として育っていってもらいたいと実は思っています。

国立舞鶴医療センターのNICUを備えた小児科や遠隔操作システムを導入している産科、多様なお産や妊婦さんへのケアを充実させている院内助産所、そして肢体不自由の子どもたちの訓練を入所・通所とも行っている府立子ども療育センター、支援学校。こうした施設が国立舞鶴医療センターの敷地内に集約されるわけであり、これらをネットワークとして運用できれば子どもたちを取り巻く福祉・医療・教育の分野がかなり充実されていくのではないでしょうか。

JUGEMテーマ:妊娠と産婦人科 

| 出産・育児 | 2012.08.15 Wednesday | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
いいことですね!
やはり このことは 告知(アピール)を 岡本先生が、広めていただかないと!

これとは別に 医療の話ですが
また聴きなんで 真相はどうかですが?
先日、救急で 某病院に搬送された方の話
患者の身内が 先生大丈夫ですか と 患者の様子を見て 
う〜ん 僕は耳鼻科なんで????
内科の先生 まだ起こすのかわいそうなので。。。。

もう1件の話しは
僕は 脳外は専門なんで。。。。
内科はわかりません だって!
内科の先生に聴いてください

内部疾患により 脳にきたす症例もあります

舞鶴の医療 もう少し改善できませんか?
市民のための市民病院は 日赤の増床病院となりそうだし 昔の市民病院があった時代の切磋琢磨の各病院の体制に戻ることを 期待します。

先生 医療センターの産科をきっかけに ご尽力願います







| 舞鶴市民の一人 | 2012/08/16 2:45 AM |
個別具体に見るといろいろ課題があるのは認識しています。頑張りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。
| おかちゅう | 2012/08/16 7:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/866
トラックバック