京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 榎配水池 竣工式。 | main | 5月3日。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
自転車。
h240429:大輝の自転車
我が子は生まれつきの障害があって、その関係で空間認知力が弱く、また左足が内反側なので小児リハビリで通院しています。
そんな中で、周囲の方々にも病気の特徴を理解していただき無理のないところで手助けいただけるよう、そして可能な限り自分でできることは自分でさせるように親として努力してきました。

その一つが、『自転車に乗れるようになること』です。幼稚園のころにチャレンジしたことがあったのですが、無理でした・・・。体の機能が自転車に乗るにはとてもついていけていませんでしたし、車が近くを通った時の対処など、とても無理な印象でしたので早々に諦めてしまいました。

しかし最近、どういう経過をたどったのか記憶があやふやですが自転車に乗れるようになろう!ということになり、妻がネットで探した自転車でどうやら気に入ったのがあったようで、さっそく地元の自転車屋さんに連れて行かれました。

昔からある大門通りの自転車屋さんで、子どもの自転車をお世話になりたい、でも我が子はこういう障害があって、なのでこういうのがほしい、といろいろ注文を付けると、このお店にはないんですけど別の場所にある自分の息子の店にはそういうのを対応していた記憶があるので聞いてみますね、と電話してもらい、今から岡本さんが行くから、と紹介していただきました。

我が子は10歳です。体はそれなりに大きくなっていて、しかも補助輪が必要です。
そもそも補助輪は、まだ2輪の自転車に乗れない小さなお子さんのためにあるものですから、子ども用の小さな自転車にしか既製品はありません。そういうことを理解しながら大きな自転車にも補助輪がある車種を探し、デザイン的にも気に入ったものを妻が自転車屋さんで問い合わせたのですが、それが実はあったんです!

ところが、我が子ほどの体の大きさに対応できるサイズの自転車には、どうやら補助輪がないことが分かってきました。しかし『一応メーカーに聞いてみますね』とその息子さんが言ってくれ、後日連絡をいただきました。
『どうやら既製品の補助輪はないんですけど、自転車のサイズに合わせて作ってくれるそうです。』

ビックリです。きっと自転車屋さんが事情を話してくれたのだと思いますが、そんな対応をしてくれるなんて想像もしていたかったので、本当に驚きました。
そして数日前に現物が届いたのが画像の自転車です。
届いた瞬間に我が子はとても気に入って、今日も自分で自転車の練習をしていました。幼稚園のころと違って結構ナチュラルです。その間は特に練習してきたわけではないのですが、体は身長や体重とともに機能も成長しているんですね。

こうなれば、補助輪なしで自転車に乗れるようにしてやりたいです。もちろん安全のために交通ルールもマスターさせねばなりません。その役割はお母さんではなくお父さんですよね。

グッジョブ!田中自転車さん。
私が子どものころからずっとお世話になった田中自転車さん。今度は田中さんの息子さんに私の息子がお世話になりました。なんだか感慨深いものがあります。お取り計らいに報えるよう頑張ってみたいと思います。

JUGEMテーマ:障害児
 

| 家庭 | 2012.04.28 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/835
トラックバック