京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 3.11。 | main | 春分の日。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
自民党京都府連きょうと青年政治大学校 舞鶴視察。
自由民主党京都府連の青年局は若い世代に対して自民党の思想の普及や政治への関心を持ってもらうために『きょうと青年政治大学校』を開設しており、1年に1回くらいのペースで視察に出かけています。今回は舞鶴での開催となり、私が準備や各方面の調整をさせていただいて、海上自衛隊舞鶴地方総監部と海上保安庁第八管区海上保安本部へやってきました。

h240317:きょうと青年政治大学校(1)

まずは海上自衛隊舞鶴地方総監部。中澤総務課長のキャリアを例にとりながら海上自衛隊の任務についてのブリーフィング。

h240317:きょうと青年政治大学校(2)
海軍記念館と北吸岸壁での護衛艦を見学した後、舞鶴航空基地へ。大規模火災が発生した時の装備を着させていただきました。重い!

h240317:きょうと青年政治大学校(3)
哨戒ヘリSH-60Kのコックピット。何度も足を運んだ舞鶴航空基地ですが、ここに座ったのは初めてです。

h240317:きょうと青年政治大学校(4)
続いて第八管区海上保安本部。まずは海上保安庁の概要は任務について、修行総務部長からレクチャーを受けました。

h240317:きょうと青年政治大学校(5)
その後、巡視船『だいせん』に乗船。数班に分かれて船内をご案内いただきました。

h240317:きょうと青年政治大学校(6)
ここは『だいせん』の船長の座席です。おそれ多くも座らせていただきました。

   -------------------------------------------------------

この日はあいにくの天候でしたが私たちが屋外に出るときにはうまく雨が止んでくれ、特に問題なく現地を視察で来ました。私にとって慣れ親しんでいる海上自衛隊であり海上保安庁ですが、京都市内を中心とした学生や社会人、そして地方議員のみなさんにとってはどれをとっても刺激的だったのではないでしょうか。
特に護衛艦を見学しているときなどは軽く興奮気味になられているようで、携帯電話やデジカメなどで盛んにシャッターを切っておられました。

またテレビなどで報じられてきた様々な国際的な事案などで海上自衛隊がどのような任務をこなしてどう行動してきたか、テロ対策特措法によるインド洋での補給業務、ソマリア・アデン湾沖での海賊対処、そして東日本大震災の時の災害派遣、様々な場面で舞鶴在籍部隊は活躍してきています。

それは海上保安庁も同様です。まず、海上自衛隊の総監部と海上保安庁の海上保安本部が同じ場所に立地しているのは日本の中でもここ舞鶴だけです。世界で5番目になる広い領海を持つ日本にとって、そして不安定な東アジアの海域の安全保障を担う舞鶴の海上自衛隊と第八管区海上保安本部の存在意義はますます高まるばかりです。

数日前、北朝鮮が人工衛星を打ち上げるという情報が入ってきました。本当に人工衛星なのか弾道ミサイルなのかわかりませんが、たとえ人工衛星だとしてもそれはそのまま弾道ミサイルに転用できる技術です。きっとこのような情勢の中でも、静かに、そして確実に、この場合は海上自衛隊を中心としてあらゆる事態に備えていることでしょう。

誰かが体を張って日本を守っている。それも見えないところで。私はそれをもっと多くの国民に知ってもらいたいのです。

JUGEMテーマ:自民党(自由民主党)
 

| 国際・政治 | 2012.03.18 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/821
トラックバック