京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 今週の予算特別委員会。 | main | 農林水産部と教育委員会。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
今日の予算特別委員会 〜健康福祉部〜
今日の京都府議会予算特別委員会は健康福祉部の書面審査でした。すべての部局の中で最も長い時間枠がとってあるのがこの健康福祉部です。どの自治体でも一般会計の中で福祉分野の予算はかなりのウェイトを占めていて、しかも超高齢社会を迎える中で何もしなくても年々増大していく一方です。

ところで委員会で舞鶴の話をするのはたまに共産党の議員さんが取り上げる以外は自分くらいのものなので、しかも持ち時間が短いので地元の課題がどうしても中心になりがちです。しかし京都府の施策の中でもけっこう舞鶴を軸としたものがありますので、今回もその話題を取り上げました。

京都府の中丹地域医療再生計画が実質的に現在進行中ですが、冒頭、今日までのご苦労に敬意を表しつつその着実な進展にご期待申し上げる旨の要望をし、この計画の大きな目玉となる『舞鶴こども療育センター』の移転に関わって質問しました。

『京都府立舞鶴こども療育センター』は舞鶴市北吸に所在しており、府立舞鶴支援学校北吸分校と一体となって運営されています。このたび、地域医療再生計画の位置づけで国立舞鶴医療センターの敷地内に新設移転することになっており、施設面でも、そして療育の内容についても舞鶴医療センターとの強い連携の中で充実させてほしいと思っています。
そして小児医療も併せて充実させ、また特別支援教育の観点からも医療や療育をしっかり捉え、医療の視点からも子どもたちの教育を考える、そういう相乗効果を出してもらいたいと申し上げました。さまざまな事情や障壁がきっとあると思いますが、現場でやろうとしている新しい取り組みを、可能な限りやらせてあげたいと私は考えています。今回の再編整備でそういう土壌をしっかり作っていきたいです。

あとは、婚活について取り上げました。
今の日本は少子化の極みですが、このままでは地域の担い手が育たず衰退していくばかりです。若者の定住促進という位置づけと合わせて、今の少子化の原因は晩婚化・未婚化であり結婚したカップルだけをみると合計特殊出生率が1.8程度まで跳ね上がる現状を捉え、そうした視点からもしっかり取り組むべきだと意見を述べました。

さて明日は農林水産部の書面審査。今の京都府議会で水産ネタをかろうじてできるのは自分くらいです。その役割を果たそうと思います。

JUGEMテーマ:障害児 

| やさしさと自立と。〜福祉に思う〜 | 2012.02.27 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/817
トラックバック