京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 雪かき。 | main | プロフェッショナル。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
一時退院しました。
先ほど子どもが無事、一時退院できたので自宅に連れて帰ってきました。付き添いの妻と我が子にとっては、実に4週間ぶりの帰宅となりました。

手術をしたのは12月8日のことです。前回は、10ヶ月の時の手術でしたので、体の成長に合わせて動脈も成長してほしい、という考えのもとの手術でした。肺動脈とともに身体の3分の1もの大動脈を広げる手術をお世話になり、おおむねいい感じに成長してくれたらしいのですが、、血圧が高いということで8月にカテーテル検査を行ったところ、10年前に広げた大動脈のうち、ホモグラフト(亡くなった方からいただいた血管)を100%使用した箇所が石灰化して血液の通り道を塞いでしまっていることが判明しました。それを治療するためには手術しかありません。説明を受けた時から、また大変なことになるな、という自覚を夫婦で抱きました。また心臓には4つの部屋があって順に血液を送っているのですが、弁に不具合があって逆流しているということで、2つの弁の治療も併せて行うということでした。心臓にもメスを入れることになります。

執刀医の先生方からの受け売りですが、何が大変かというと、大動脈の石灰化した箇所を取り除き、人工血管に置換するという手術そのものもそうですが、最大の敵は、一度手術しているが故の『癒着』です。一度手術をすると、メスを入れた断面はがっちりくっついてしまい、容易には分離できません。同じ箇所の治療ですから、そこにたどり着くために、その癒着した箇所を丁寧に切り進んでいかなければならないそうです。手術の前から、癒着したところをはがすのに相当時間がかかるということを、何度も何度も聞かされ、私たちもそれ相応の覚悟をもってその日を迎えました。

その日の朝、先生方の回診の時間が始まるまで、7時ごろに京都府立医科大学附属病院の小児医療センターに行きました。山岸先生と医師団がいらして、10年前の手術の日の朝と同じように、すでにギンギンの戦闘モードに入っている先生に、よろしくお願いします、と頭を下げました。オペ室に入っていったのが午前9時15分くらい、その間はとにかく家族室でひたすら連絡があるのを待ちました。手術は8時間くらいと聞いていましたが、実際に声がかかって子どもに会えたのが19時35分、実に10時間後でした。

その後も合併症に悩まされ、多くの方々に支えられながらも、我が子はもちろん、特に付添いの妻にとっては大きな負担のかかる入院生活でした。

手術後のその夜に、2回痙攣をおこしました。この場合に想定するのは、手術中に血管に空気が入ってそれが脳の血管をふさいだか、石灰化した血管のかけらが脳に飛んで血管をふさいだか、ということです。いわゆる脳梗塞です。朝になってそれを聞かされた時は頭が真っ白になりました。半日動揺が収まりませんでしたが、MRIの結果、それは大丈夫であることが分かりました。

その次に出てきたのは感染症です。こちらの治療にも時間を取りました。その間、相部屋ですし、入れ替わり赤ちゃんが入院してきたりして夜中もなかなか寝付けなかったようで、妻にとって、そういう毎日の疲労が蓄積する4週間でした。

今日の血液検査の結果で、退院できるかもう少し入院せざるを得ないのかが決まったのですが、どうやらお正月は家で過ごせそうだと分かったのは午後になってからでした。ただしまだ水分制限もありますし、発熱したら夜中でも京都まで走らなければならないようです。ただひたすら家に帰ることができるという解放感を味わいながら、わが子に『今日は何が食べたい?』と聞いてラーメンを食べることになり、二条駅近くの天下一品に立ち寄りました。

ざっと一連の流れを書き綴りましたが、いろんな気づきや学びもありました。また改めて書いてみたいと思います。とにかく無事家族を連れて帰ってくることができて、安堵した一日でした。ご心配をおかけしたみなさま、お気遣いいただいたみなさま、お世話になり本当にありがとうございました。

JUGEMテーマ:手術 

| 家庭 | 2011.12.28 Wednesday | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
 息子さんの手術が成功し、ご帰宅されたとのこと、まだまだ予断は許されないようですが、まずはおめでとうございますと申し上げます。
 しばらくご無沙汰しておりましたが、たいへんなことがあったんですね。
 どうか、お疲れを出されませんように。
 ご家族でよい年をお迎えください。
| 同い年の娘をもつ志楽校区の住民 | 2011/12/29 5:26 PM |
ネット上ですが、子どもの病気という共通点を通して奥様と知り合いになったものです。
ご無沙汰してしまって手術のこと今日まで知らずにいましたが、東京からもエールを送っております。 どうぞよろしくお伝えください。
| むー | 2011/12/29 6:18 PM |
>同い年の娘をもつ志楽校区の住民さん

ありがとうございます。
昨日帰れなければマジで病院でのお正月だったんで、ほっとしています。あとは風邪などひかせないようにしないといけないので気をつけます。
| おかちゅう | 2011/12/29 10:08 PM |
>むーさん

ありがとうございます。私より先に、いただいたコメントを妻が確認してました。(笑)
これからもよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えくださいね。
| おかちゅう | 2011/12/29 10:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/799
トラックバック