京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 歓迎!豪華客船『飛鳥供戮竜都舞鶴港寄港。 | main | 地域防災の取り組みは進んでいます。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
舞鶴の地域医療。
先日、11月8日のことですが、中丹地域医療再生計画の修正案が、京都府・舞鶴市・舞鶴市内の公的4病院とその関連機関で了承されました。先行きが大変不透明な中、最悪の事態だけは逃れることができたというのがまず最初の私の所感です。

最悪の事態とは、この計画がとん挫し、京都府も、そしてこの地域の実に7割の医師を派遣している京都府立医大からも見放され、その流れで医師離れが今以上に加速されること、と私は捉えていました。特に夏ごろに開かれた京都市内での関係者会議の時、舞鶴市長は市の側から修正案を出すということで約束をされたのですが、それがままならず、見かねた京都府が主導して、しかも舞鶴市長の案に配慮しながら今回の合意まで持ち込むことができました。8日の会議では、なぜ京都府が呼びかけざるを得なかったのかという説明のところから始まり、改めて修正案が提案され、いくつかの意見交換の後で合意されたと聞きます。

今後は国から京都府が預かった基金の25億円の使途を国に対して了承してもらう交渉に入るなど、まだすべきことは残っていますが、それよりも問題はその先です。

本来この計画は『医師不足を解消する』のが最大の目的でしたが、その課題の解決にはむしろこれからが試されます。関係者会議によれば、その中心的存在はやはり舞鶴市であるという共通認識が確認されたようです。つまり設置予定の「舞鶴地域医療連携機構(仮称)』を舞鶴市が主体となって運営し、舞鶴市長の言われる『選択と集中・分担と連携』という手法で地域医療の再生を進めるというものです。

今回の計画の修正が確定し、進めていく過程で舞鶴市の手腕が問われます。何せ国も京都府も京都府立医科大学も舞鶴共済病院も国立舞鶴医療センターも舞鶴日赤病院もそして医師会も、みな舞鶴市に対して『お手並み拝見』の状態です。私は地元の府議として、これからも医師確保や地域医療のために頑張りたいと強く考えていますが、今までのように舞鶴市が他力本願では正直厳しい。しっかり我がことと捉えて、自ら率先して泥をかぶり、先頭を走ってもらってこそ府議会の動きも意味が出てくるのです。今後の動きに『切なる期待』を込めたいと思っています。

JUGEMテーマ:医療崩壊 

| あんしん・あんぜん | 2011.11.21 Monday | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
松岡市会議員のブログにもありましたが、今後の経過ですね!
でも一方で 与謝の海が府立医科大付属病院に変わるかもと、囁かれています。
府も基幹病院を岩滝に配置することでこの地区は ってOKってことなんでしょうね。

ますます舞鶴の医者の派遣も困難になるのか、岩滝からの派遣診療体制になり、医者が輪番受診何曜日と何曜日は何科先生が舞鶴の病院で診察 ってことになるのか?

重症患者はそっちに行ってくださいと都会じゃないが、たらい回しになるのか?

その辺りをちゃんと 岡本先生 ならない様な体制に、ご尽力いただきたいものです。




| 市民の一人 | 2011/11/22 3:38 PM |
飛鳥の記事でもコメントさせて頂きましたが、今回の岡本先生の記事内容は
私のこれからの人生に関わるといっても過言ではありません。

というのも、私は今、将来舞鶴赤十字病院に勤務を希望している医師を志望する高校生だからです。
ですが、僕の家庭の経済状況では、4年制の国立大すら進学は厳しい状況です。

現役で医師は無理だとしても、他の医療従事者になってから
働いてから、編入学で医学部に入ろうかと考えております。

ですが、今回の修正案で医師確保として
京都府立医科大で新たな奨学金制度はあれば、詳しく知りたいと思い、コメントさせて頂きました。

私は地元の府議として、これからも医師確保や地域医療のために頑張りたいと強く考えています
とおっしゃっておられるのであれば
まずは僕という、一人の医師の確保のために尽力していただけませんか?

いいお返事お待ちしております。
| 吉原の高2 | 2011/11/22 5:56 PM |
>市民の一人さん

与謝の海病院に力を集中させる、その結果、舞鶴の病院が極めて手薄になる、これだけは避けなければと考えています。頑張ります。
| おかちゅう | 2011/11/22 8:30 PM |
>吉原の高2さん

京都府の奨学金制度は私が府議になった最初の年にできた制度です。また府立医科大学には『北部枠』というのがありまして、こちらも現在3年目で各学年ごとに5名の枠があります。制度のご説明をさせていただくことは可能ですのでよろしければご連絡ください。事務所の電話番号は、0773-62-7834です。お待ちしています。
| おかちゅう | 2011/11/22 8:36 PM |
今回もご返事ありがとうございます。

そんな枠は初めて知りました。

電話の件ですが、また時間のとれる時に
掛けさせて頂きたいと思ってますので
その時はよろしくお願いしますm(_ _)m
| 吉原の高2 | 2011/11/24 12:37 AM |
>吉原の高2さん

お電話ありがとうございました!

お約束の日時、お待ちしています。
よろしくお願いいたします。
| おかちゅう | 2011/11/26 1:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/791
トラックバック