京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 土日の行動。 | main | 舞鶴ふるるファーム・秋の収穫祭! >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
伊根町議会議員補欠選挙。
濱野茂樹001
濱野茂樹002
濱野茂樹003
濱野茂樹004
伊根町議会議員の補欠選挙が行われ、私が推薦させていただいた濱野茂樹さんが見事、初当選されました。
通常の選挙が1年前に実施されたばかりでしたが、早々に欠員が2名出てしまい、地方自治法上で定められた割合を超えてしまったため、補欠選挙が実施されたわけです。2議席に3人が立候補するという、また伊根町で補欠選挙は初めてということもあり、非常に難しい選挙になるなという感じは当初からありました。しかしそこは補欠選挙、普通なら同じ選挙で戦っているはずの先輩議員が何人も陣営に入って票の掘り起こしをされていました。

私は少し前に濱野さんから推薦がほしいと言われて快諾したのですが、出陣式に行ったら選挙ポスターの推薦者の一覧に私の名前が載っていて、よく考えたら他の自治体の選挙ポスターで自分の名前を使ってもらうのは初めてのことだなあと思って少し気恥ずかしい感じがしました。

画像の通り、37歳の若いイケメン候補者で、伊根町の職員として行政経験もかなり持っていらっしゃるので、若い上に即戦力として働ける逸材として、応援する側も取り繕う必要がなく思い切り訴えることができ、私としてはあまり気を遣わなくてもいいやりやすい選挙でした。もちろん候補者の濱野さんにはそんなゆとりはなかったでしょうが。

出陣式と2日目の街宣活動で伊根町に入りました。4月の自分の選挙以来久しぶりの選挙ということで、うまく入っていけるかどうかやや心配もありましたが、先ほど述べたやりやすさもあり、短時間で集中できました。やはりファイティングスピリッツが込みあがってきて久しぶりに闘争本能が沸き立つのを自分自身でも感じました。

投開票の時にも陣営にお邪魔して、みなさんと一緒に結果を待っているときはやはり落ち着かないものです。自分の時は割と達観しているものですが、応援する側としてはどうしてもそわそわしてしまいます。開票が進んで徐々に結果が明らかになっていき、当選が確定した時は、みなさん一様に安堵感が広がりました。

選挙は、もちろん候補者を押し立てて戦うものですが、応援する側も様々な思いを託して候補者と一緒に戦います。候補者は支えてくださったそういうたくさんの思いを、当選してからもずっと背負い続けなければなりません。知識や人脈も仕事をする上で重要ですが、そういう責任感と使命感をずっと変わらず持ち続けられるかどうか、それが働ける議員かどうかの分かれ目なのだと思います。

JUGEMテーマ:首長・地方議会議員選挙! 

| 選挙〜住民からの審判〜 | 2011.11.05 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/785
トラックバック