京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 舞鶴市長公舎について考える。 | main | 禊(みそぎ) >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
今年のふれあい心のステーションは。
h230907:ふれあい心のステーション
今年も『ふれあい心のステーション』が開催されました。毎年、大丸京都店で開催されています。このイベントを通じ、京都府立の支援学校や盲学校で製作された作品を生徒自らが販売することによる、経験から通じた能力の育成をはじめ、学習意欲の向上や就労支援につなげていこうという取り組みです。

もちろん我が地元・舞鶴支援学校の生徒たちも頑張っていて、毎年可能な限り激励を兼ねて京都大丸を訪れるようにしています。これまでに、藍染の暖簾を年に1枚、合計3枚購入するなど、はばかりながら売り上げには少しですが貢献させていただいています。

どの学校も年々、製品のレベルが向上していると思います。お互いに切磋琢磨してこれからも頑張ってほしいと思いますし、できることを応援しなければと考えています。

今年、っていうか今日購入したものを画像でご紹介します。
ブルーのガラスの皿は、料理に使ってもいいのでしょうが、うちの事務所のショーウィンドウに飾るために購入しました。私の事務所は商店街にあるもので、けっこう歩行者が通られるのです。よく通りすがりに事務所のショーウィンドウを眺めていっていただくことも多いので、舞鶴支援学校のPRも兼ねて、飾ることにします。3,000円でした。

ところで皿の上に載ってるメロンですが、実はこれも舞鶴支援学校でつくったメロンなのです。今日までこんな取り組みをしていることを私は知らなかったのですが、今年やっと人様に売れるメロンができたと校長先生は笑っておられました。また私がいる間にも飛ぶように売れてるんです、このメロン。私もあわてて大サイズのメロンを購入しました。1,000円でした。

おそらくメロンを育てることのご苦労はあると思うのですが、私が感心したのは、メロンに挑戦しようと考えたその発想力と心意気です。

障害者の所得は健常者とは比較になりません。なので共同作業所などは、何とかして障害者の所得水準を上げようと試行錯誤されています。そのキーワードは、継続性と単価です。

つまり、毎日消費できるもの、かつ販売単価の高いもの、さらにはなるべくたくさんの人に製作過程に関わらせること、この3点が障害者の所得の向上に必要不可欠なことではないかと私は考えています。

思うに舞鶴支援学校はそういうことを十分認識していて、つくるのがあまり難しくなくて、販売単価が高くて、できればなるべくたくさんの生徒に関わらせて、そうした経験をなるべくたくさん積ませて卒業させ、社会に順応させようという意図があるのだと思います。

きっと今日、大丸京都店で販売実習に参加した生徒さんたちは充実感にあふれていることでしょう。少しでも多くの経験から自信を得て、これからの人生に活かしていってもらいたいものです。

JUGEMテーマ:福祉と生活 

| やさしさと自立と。〜福祉に思う〜 | 2011.09.07 Wednesday | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
支援学校のメロン、食べてみたいなぁ と思います。
朝、支援学校のバスが、市内を走ってる、帰宅時間は、日によって変わるから、帰宅のバスはたまに見るだけ、市民の人も、支援学校がどこにあるのか、ほとんど知らないんだろうなぁ。

市内のスーパーや小売店で、販売チャンネル作り、先生が流通先を開拓してあげることはできないのでしょうか?

旅行先で昔食べたメロンを思いだします。
流通過程において、熟す前に、出荷し、追熟の時間を輸送・店頭の販売までのタイムロスで、熟したものより、畑で熟したものを タイムロス少なく購入しそれを食すのは、ホントに美味しいものです。
また、市内のリヤカー引っ張って行商してるおばちゃんのトマトもおいしいでしょ!
農家からもらったお野菜も!

なんとか 流通ってこと考えれるように、ご尽力お願いします。





| 市民の一人 | 2011/09/08 11:40 AM |
>市民の一人さん

支援学校のメロンですが、まだ食べていなくて、どうやら15日くらいが食べごろらしく楽しみにしています。

支援学校でつくったものの流通ですが、おそらく社会では容易に受け入れられると思いますが、安定供給のためには生徒たちの頑張りが不可欠ですね。肢体不自由の子も知的障害の子も精神障害の子も、個々に課題がありますし、自閉症の子は対人関係が苦手な場合が多いです。その中でできる範囲でやってみよう、というチャレンジを少しずつ進めていければいいと思います。
| おかちゅう | 2011/09/10 7:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/764
トラックバック