京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< さらに前進! | main | 平成23年2月定例会 一般質問 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
斉藤あきら舞鶴市長の総決起大会!
25日のことで、もう2日もたってしまいましたが、『明日の舞鶴を拓く会』の主催により、総決起大会を開催いたしました。集計をしますとおよそ1,800名もの方々が参加してくださり、さらに百名をはるかに超えるスタッフにお世話になり、私たちの思いを聞いていただきました。

応援弁士として、まずは松山正治 福知山市長さんの登場です。同じ中丹地域の市長として一緒に連携して頑張ろうという話や、斉藤市長は本当に気さくな飾らない人で、しかも市長としては後輩としていろいろ指導してもらっているなどとお話しいただきました。

次に元・衆議院議員で、医師で、京都府議会議員時代に同僚だった清水鴻一郎さんの登壇です。笑いとともに、地域医療再生交付金について、ご自身が衆議院議員だったときに斉藤市長に厚生労働省とを橋渡ししてできた制度なんだという裏話をお聞かせいただきました。つまり国から斉藤市長は25億円を行政手腕により獲得してきたという事実を証明していただいのです。

さらに京都府立医科大学の山岸久一 学長からメッセージをいただきました。舞鶴の実に6割以上の医師を派遣している大学として、斉藤市長が考えている計画が的確であることと併せて、全面的に支援していただける旨のお話をいただきました。

そして京都府の山田啓二知事は、日赤病院の支部長として、舞鶴の日赤病院をもっと充実させるということをまず言われました。そう、斉藤市長が日赤病院をなくすなんて巷で言っていますが、それは恣意的につくられたデマです。
また府立医科大学の設置者として、彼ら医師を守らなくてはいけないとも言っておられました。さらに京都府知事として、ちゃんと地域の医療を守るということの使命があることを強調されていました。

つまり今の舞鶴の医療機関の再編は、舞鶴ではなくて実は京都府が主体性を持って進めているのであり、斉藤市長は、国や京都府や、舞鶴医療センターや共済病院や日赤病院と協力し合える体制を作り上げるのに苦心してこられました。それがまさにいま花開こうとしているのであり、この流れを絶対に止めてはならないと思います。

白紙か、それとも推進か。

白紙なんてありえない。対立候補が言っておられるような、今からどうしようか相談するなんていう時間の余裕はありません。ハコモノに頼らないなんて聞こえのいいことを言っておられるようですが、舞鶴医療センターはもともと建て替えを予定されておられましたし、舞鶴市民病院を療養型病院にすると言われても、そもそも市民病院は老朽化により耐震基準さえクリアしておらず、さまざまな設備に大きな支障をきたしていることをご存じないのでしょうか。その市民病院を療養型にするには多大な資金投入が必要で、ハコモノは許さないなどと言いながら、言っていることを実現するにはやっぱり病院の大規模改修か建て替えが必要にになってくることは容易に想像できるわけです。

こちらが正しいと言える総決起大会でしたし、孤立無援だった舞鶴を、斉藤市長さんの行政手腕によって医師が集まってくる地域になりつつあるわけで、さらにこの車輪を回していくべく、行動していきたいと思っています。


JUGEMテーマ:選挙 

| 選挙〜住民からの審判〜 | 2011.01.27 Thursday | comments(14) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
(^^)//゛゛゛パチパチ
行けなかったけど内容が少しわかりました。
| bit兄 | 2011/01/27 3:27 PM |
一つ疑問なんですが、知事が支部長をされている日赤病院であるのに、上のほうから赤ひげを応援しなさいという命令があったという話は(職員が話されています)ご存知ですか?
支部長は、どういうお立場なんでしょうか?
一番上であるならば、知事のお考えに反する行動を日赤はとられているんですか?
どういうことなんでしょう。
とても不思議です。
上とは誰か?

知事ですか?
舞鶴の日赤の上ですか?
知事ならば社長に背いているとなりませんか?
それとも労働組合の上ですか?
いわゆる赤ひげ応援命令は、ストに似ているのでしょうか?

もし舞鶴の日赤の暴走であるならば命を預かる現場が支部長の目の届かない場所で、やりたい放題だったとしたら日赤職員の質を疑うし、そういう行動に気が付かずに無法状態にした管理管轄部署は市民に説明をして欲しいと思っています。
ところで、ストみたいな事、病院はしてよかったんでしたっけ?
| 日赤病院って何 | 2011/01/28 6:59 AM |
>bit兄さん

ありがとうございます。

4年前の総決起大会は『まさに爆発』って感じでしたが、
今回はジワ〜ッと広がって効いてる感じの大会でした。
| おかちゅう | 2011/01/28 8:07 AM |
>日赤病院って何 さん

あくまで一般論ですが、舞鶴に限らず日赤病院では政治的中立性を謳っており、組織だって、あるいは病院内で特定の方を支援する活動は禁じられていると聞いています。

私にもいろいろと耳に入れてくださる方がいらっしゃるのですが、いずれにせよ、良識でご判断いただきたいです。
| おかちゅう | 2011/01/28 9:29 AM |
はじめまして。
なぜ日赤が現市長を支持せず、たたみ氏を支持するか教えてください。
| fuji918 | 2011/02/02 9:57 PM |
もっと討論会が多く開催されたら良かったのに。市民は病院問題理解してるのかな?健康な人は何で判断して投票したらいいのでしょう?
| どちらが正しいのか | 2011/02/05 10:17 PM |
日赤職員は政治的中立が保持されなかったからこそ齊藤氏を支持しなかったのだ。病院側は再三にわたり舞鶴市に再編に関する説明及び反対を唱えていたにもかかわらず、それらが抹殺され、広報にすら載ることがなかった。さらに、政治的中立を唱えるのであれば、日赤支部長たる京都府知事が齊藤氏を支援している時点でアウトである。

政治的中立とは何か。

そして、今回の日赤職員の取った行動は、自分たちの雇用が確保されていない統合協議なんかに賛成できるわけがない。これは政治活動ではなく、生存活動である。
| airmassu | 2011/02/08 12:07 AM |
新市長の当選翌日の記者会見の内容に、動揺いたしました。
医療センターの患者、職員はどうなるんですか?

日赤職員が生存活動だと言い切るなら、医療センターの職員と患者にも生存活動をしたらいいと思いました。
私は、日赤はどうでもいいです、共済もどうでもいいです。
かかってませんから。日赤なんて、西舞鶴だから全く関係ありませんし。言い出したら、そうなりますよね。
医療センターでないと生命維持できない人間は、どうすればいいのでしょうか?
命を預かる職につく人間が・・・・悲しい。
舞鶴はどうなるのでしょうか。
ただただ、不安でいっぱいです。

| 動揺 | 2011/02/09 6:14 PM |
 動揺さんへ。ご指摘の通り医療センターの職員、患者さんといった、医療センターさんが無くなって困る人たちが「生存活動」をすればよいと思います。
 今回日赤が「生存活動」をしたのは自ら経営努力をしているのに、赤字を垂れ流している病院の巻き添えになりそうになったからです。
 今回の当選者が府知事に面会に言った際に、新聞報道によれば府立医大の学長は「2つの病院を府立医大で維持することは不可能」といわれたそうです。と、いうことは、もともとの計画が実行されていれば新基幹病院ひとつしか維持できていないわけです。つまり同じ府立医大から医師が赴任している日赤が見捨てられることになっていたわけで、まさに今回の当選者が選挙中に主張していた通りであったのです。このことが予想されたために大学の垣根を越えて「生存活動」のために日赤が当選者の支援に回ったのですね。
 「日赤はどうでもいいです、共済もどうでもいいです。
かかってませんから。」ということを主張されるならば、「医療センターはどうでもいいです。かかってませんから。」という主張も容認せねばなりません。
 医療センターは国(より正確には独立行政法人国立病院機構)の物ですから、医療センターが独自に運営できるのであるならば、京都府知事も舞鶴市長もつぶすことはできません。斉藤市長さんが目の上のたんこぶの共済をつぶせなかったようにね。
 長年の経営の結果として自力で維持できないのであれば、誰かに助けを求めねばなりません。そして助けを必要とするものが「日赤や共済はどうでもよいが、自分が困っているから自分のために『生存活動』してくれたらいいのに」と要求しても誰も助けてくれません。
 京都府の助けがなければ舞鶴市だけではよい医療をまかなえないことは確かです。しかし京都府に助けてもらった代わりに、我々が京都府全体のために役立てることを見つけて実行しなければなりません。
 繰り返しになりますが、医療センターが日赤や共済のように自力で経営できるのであれば、誰も医療センターをつぶせません。しかし誰かの助けを必要とするのであれば、ただ助けを要求するだけではなりません。自らの身を削り、人の役に立とうとすることこそ「生存活動」なのではないですか。
 真に努力をしている者がそれでも困った場面に遭遇した場合、誰かしら人は援助の手を差し伸べるものです。「天は自ら助くる者を助く」古より長い時を経て消えることなく伝わる言葉には真理があります。
| 空手形 | 2011/02/09 8:47 PM |
動揺さんへ

岡本議員のHPを借りてコメントに返信するのは恐縮ですが、あえて書いておきます。

空手形さんが書いていることで伝えたいことがほとんど代弁されていますが、正直に申し上げて医療センターの既存の建物などが後何年使用に耐えられるかにもよりますが、医療センターの機能は共済に統合するか西の日赤と一緒になるかどちらかが賢明であると思われます。そして共済も将来的には共済組合を離脱させて、本当の意味で機能統合を図る土壌を作らねばならないと新市長は述べておられます。

少なくとも、今日明日で医療センターの機能が失われることはありません。地理的にも共済に移管されればご不便は少ないでしょう。医療センターが独自に建替えをするパワーがあれば、そうなるかもしれません。

いずれにせよ、日赤や共済病院の職員が取られた行動は非難には値しません。自分たちの職場を守ること、患者の利便性を守ることは当然のことです。医療センターの方がそういう動きを取られておられたかもしれませんが、表だってわからなかったのは残念ではありますね。

岡本氏はじめ、今回の選挙で敵味方に分かれたとはいえこれからの舞鶴をともに憂い、考える同士であり、さらに岡本氏は今回両側の立場から共に推されている府議でもあります。彼の政治的手腕に期待しようではありませんか。そして新しい市長にも期待しましょう。4つの病院の患者、職員が少しずつ痛みを伴いつつ、でも笑って過ごせるように我々も知恵を出そうではありませんか。
| airmassu | 2011/02/10 2:13 AM |
市長選の結果について岡本府議からの意見が書き込まれることを待っております。
皆さんの熱いご意見を始めて読ませていただきましたが、私個人的には、今回の争点は大変難しく、自分なりに勉強しても、どちらが悪で良かなど結局選挙当日になっても判断出来ませんでした。ただ、この府議のブログのカキコミを拝見すると、今回の争点って病院の雇用確保だったのか?と。患者や医療を両方意見されていますが、利用させて頂く我々患者の意見ってあまり、理解されていないような気がします。今にも幽霊が出そうなくらい老朽化した医療センターと早朝5時30分から待たなければ順番がとれない共済など。私は、airmassu さんが言われるように、新市長に期待しています。今回の結果は、決して国や京都府にとっては歓迎ではないでしょう。病院問題だけ出なく雇用、福祉、商店街への補助金についても従来よりダウンしたり、非協力的になるのは必死でしょう。我々も従来通りの補助金やサービスが減額されることを覚悟しなければなりません。民意での圧勝をおごらず、新たな一歩を新市長に期待します。そのような状況の中、岡本府議がどのように動かれるか。齋藤市長でなければ市政に協力出来ないのか。ご意見を伺いたいものです。PS.命をあずかる医療機関や関係者が、高齢者を始め患者を利用し、個別候補者を応援されたことは(母親が染まってました)悲しく遺憾です。
| 藤田 丈太 | 2011/02/10 1:29 PM |
市長選の結果についてのコメントは?

都合のいいことばかり発信して都合の悪いことは隠す
のでは市民から信頼されませんよ。

正直、次の選挙では応援するか迷ってます。。。
| 一支援者より | 2011/02/18 8:59 AM |
たくさんのコメントありがとうございました。

市長選挙の結果についてですが、結果が全てですのでそのように受け止めることしかありません。多くの舞鶴市民のみなさま方が多々見市長の選択をされたわけですから、残念ですが現実を受け入れざるを得ないというのが正直なところです。

私は、反対のための反対はいたしません。多々見市政の足を引っ張ることは絶対にいたしません。これからも京都府が、そして舞鶴市がもっと良くなるために、という価値観で目の前のことに向き合っていきたいと思います。

ただ、地域医療に関してはかなり心配しています。選挙期間中に多々見候補が言っておられたことを実現するのは困難を極めることが容易に予想されます。そしてその内容は政策的に私の考えと決定的に違うわけですから、どのように手腕を発揮されるか、当面の間は推移を見守らせていただきます。

ただただ、お世話になったみなさまには、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
| おかちゅう | 2011/02/18 9:10 PM |
コメントありがとうございました。

・なぜ選挙に負けたと思いますか?
・市民は何を求めていると思いますか?
・一府議としてこれから何をするのですか?

きちんと総括することが大切だと思います。
| 一支援者より | 2011/02/19 8:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/720
トラックバック