京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 新しくなりました、さくらんぼ園。 | main | 6月定例会・一般質問のお知らせ。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
自閉症の子どもたち。
自閉症の子どもたち(1)
自閉症の子どもたち(2)
自閉症の子どもたち(3)
『れいんぼう』という自閉症のお子さんを持つ保護者のみなさんによるグループが、自閉症のことをもっと一般に広く知ってもらおうと、赤レンガ倉庫群のまいづる智恵蔵で子どもたちの作品展を開催されました。

この作品展ですが、ただ子どもたちの力作を見てもらいたいというだけでなく、『自閉症がどんなものなのか』、知らない人にも理解できるようにというコンセプトでされていることがよく伝わる、工夫を凝らしたものでした。

自閉症は生まれつきの脳障害で、外見からはあまり区別がつきません。よって周囲の人たちからすると不可解な言動を取ってしまい、それが障害によるものなのだとなかなか理解してもらえないことが多くあります。
また特定のことのみに興味を示したり、特定の行動パターンに執着したりということもあって、いつもの手順とほんのちょっと入れ替わったりするだけでパニックになったりするなど、お父さんやお母さんにとっては戸惑いの連続です。

そうした子どもの特徴をうまくとらえて、上手に誘導したり心を落ち着かせたりするにはその子その子に応じた対処が必要です。
そのためには自閉症を研究している専門家や先生方のアドバイスも必要ですし、様々な本が出ていたりして一定の知識を得ることも可能なのですが、それでも子どもの症状は画一的ではありませんし、その子その子の特徴があって一概にこうだと言い切れるものでもありません。やはり現場、つまり一番そばにいるお母さんの肌感覚に勝てるものはないなとふとした時に気づかされるのです。

今日の展示はそうしたお家での工夫をどのようにされているかということや、子どもたちの性質を良い方に生かす製作など、それぞれの努力のうかがえる興味深いものでした。

我が家にも障害を持つ子どもがおりますが、社会の中で大きな摩擦を起こすことなく生きていくためには、社会の理解を得ることがどうしても必要で、社会の理解を得るためには親がいかにしてわが子が社会に溶け込めるようにしてくかという努力が避けられないと私は思っています。

そのお手本となるようなこのお母さん方の取り組みが、もっともっと広がっていけばいいなあと強く感じました。

JUGEMテーマ:療育ガンバってます♪ 

| やさしさと自立と。〜福祉に思う〜 | 2010.06.13 Sunday | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
本日はご来場頂きありがとうございました。
私達の活動はまだまだですが、たくさんの方々に来ていただき子供達が将来住みやすくしていてるために日々努力していきたいと思っています。

また先生が障害についてご理解があるのはとても力強いです。これからもよろしくお願いします。
| れいんぼう役員 | 2010/06/13 9:32 PM |
奥丹後の自閉症親の会に参加しているものです。この催し気がつきませんでした。行きたかったなぁ・・

もっとも、自閉症を正しく理解して頂きたいイベントですから、私達よりも自閉症を知らない一般の方が沢山来場される事が本意なんでしょうけど(笑)
| ヒグチ。 | 2010/06/14 5:41 AM |
>れいんぼう役員さん

ありがとうございます。

行政には行政の役割があって、
ご家庭にしかできないこともありますもんね。

またお声をお聞かせくださいっ。
| おかちゅう | 2010/06/14 3:36 PM |
>ヒグチ。さん

自分のところだけでなく、
広域でいろいろできれば面白いかもしれませんね。

またの機会を楽しみにしています。
| おかちゅう | 2010/06/14 3:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/673
トラックバック