京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 海上保安学校 卒業式。 | main | 京都府知事選挙! >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
始まる、京都府知事選挙!
明日から京都府知事選挙が始まります。
舞鶴でも、現職の山田啓二さんの三選を期して体制を整えてきました。京都府、そして舞鶴の今後を大きく左右する戦いですから、応援する側にとっても悔いのないものにしたいと思っています。

もちろん本部は京都市内ですが、郡部は、それぞれの自治体ごとに体制をつくり、お互いに自分の地元で仕事をし、最終的にそれらが合わさって結果となります。私がいくら京都市内で頭を下げ回っても効果が薄いのは当然ですし、逆に他の選挙区の府議会議員や市議会議員が舞鶴で活動しても同じことであるのは明らかです。

舞鶴にとっても、舞鶴の課題を的確に把握して予算を配分したり施策を実施したりできる人が知事になっていただかなければなりません。
特に地域医療については、舞鶴の医療機関の再編・統合を中心とした地域医療再生計画を京都府が作成し、国からも認知されて25億円もの基金を積めることになっています。医師の確保や病院の再編にかかる財源の確保も大事ですし、それぞれ運営母体の違う医療機関を再編・統合しようというのですから、その協議を進めていく上で京都府の協力は欠かせません。

先日の舞鶴での総決起大会でも、山田啓二さんは、『斎藤市長さんとともに全力でしっかりやります!』と力強く大勢の舞鶴市民のみなさんの前で宣言していただいたところです。
その言葉を現実のものとしていただくためにも、これからの京都府のかじ取り役を担っていただきたいと思っています。

また小規模農家の多い京都府の農業振興や水産業振興、厳しい経済情勢の中での中小企業への経営支援、共働きだけでなく専業主婦家庭にも子育て支援を充実していっていただかなければなりません。

また全国的にも非常に評価の高い京都式少人数教育の充実・発展、そして3ヶ年の予定だった府民提案型の地域再生事業をさらに3ヶ年の継続実施をすることや、府民公募型安心・安全整備事業も制度をリニューアルして22年度も実施予定となっており、京都府独自の取り組みもさらにパワーアップさせていきたいところです。

府民のやる気を形にしていくこともこれからの地域活性化のためには欠かせない観点だと思います。
これまでの実績に加えてこれから京都府の政策としてやろうとしているところを精いっぱい訴えていきたいと考えています。

JUGEMテーマ:首長・地方議会議員選挙! 

| 選挙〜住民からの審判〜 | 2010.03.24 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/652
トラックバック