京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< お手植えの木。 | main | 京都サンガを応援する議員連盟。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
文庫山学園。
恥ずかしながら今まで中に入ったことがなかったのですが、思い立ってお願いし、舞鶴市老人福祉センター『文庫山学園』を視察させていただきました。
ここは舞鶴市役所周辺の赤れんが倉庫群の所在する北吸地区の坂の上にあり、舞鶴湾が一望できる素晴らしい場所にあります。

実はこの文庫山学園は昭和55年に開設されたということで、今年で29年目を迎えます。無料ということもあって非常に多くの方々にご利用いただいていて、現在でも一日平均170名くらいが集まってこられています。舞鶴市の施設の中でもその稼働率は群を抜いているかもしれません。

ではどのように利用されているかといいますと、文庫山の独自事業とサークル活動、そしてサロンです。
例えば一般の市民の方々の踊りやカラオケ・詩吟・バドミントンなどのグループに施設をご利用いただいたり、独自事業では健康体操などがあげられます。
私がうかがった時は、大広間では民謡サークルがみんなで練習をされていましたし、運動指導室では、健康エクササイズの真っ最中で、アップテンポの曲がかかって大きな鏡がある広い部屋で男性も女性も混じってインストラクターの先生の指導のもとで元気に体を動かしておられました。

また将棋サロンや囲碁サロン、卓球のサロンもあって、部屋に何気に入ると大勢の人たちが向かい合って、なかなかの熱気がありました。もちろんこういうところに行くと顔なじみの方も何人もいらっしゃるので、『よおっ、どうしたの?』ということになります。
『いやぁ、ちょっと見学によさせていただいたんですよ。いつもこうしてみなさんと遊んでおられるんですか?』というと、
『遊びじゃないよ、こうして頭の体操をして老化を防いでいるんだよ。』
と笑っておられました。そうそう、そのために文庫山学園はあるんですもんね。失礼しました。

また特定の人ばかりが利用されるのではなくて、なるべく多くの方々にも老化防止のために活用していただきたいということで、団体利用という時間帯を設定しています。
この日はこの地域、そしてこの日はこっちの地域、あそこの地域はこの日、という具合に日を変えて地域毎にバスで送り迎えをし、サークルなどに入っておられない方にも利用していただく工夫をしています。

さらには介護保険による老化予防のためのサロンがあったり、とにかく活気があるという印象を受けました。
もちろん課題はいくつかあります。そして文庫山学園を利用してまちの活性化を図れないものかと私はずっと前から考えていたのですが、現場を見て、頭の中で描いているイメージがより鮮明になりました。

| やさしさと自立と。〜福祉に思う〜 | 2010.03.05 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/648
トラックバック