京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< ふれあいサンデーと新車。 | main | 岡本忠蔵後援会レディース・ツアー。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2020.04.22 Wednesday | - | - |
決特の管内調査。
決算特別委員会では、書面審査の他に現場での調査、いわゆる管内調査を行います。おとといと昨日にその日程が組まれており、しかも委員は30人もいますので、京都市内班・南部ルート班・北部ルート班に分かれて調査することが通例となっていて、私は北部を回る第3班に加わりました。

回った先は下記の通りです。
(1)川東浄化センター(亀岡市)
(2)綾部工業団地(資料及び車内からのみの調査)
(3)京都ジョブパーク北部サテライト(福知山市)
(4)丹後茶産地ステップアップ事業(京丹後市)
(5)宮津与謝消防組合消防本部の消防緊急通信指令装置整備事業(宮津市)
(6)京都舞鶴港舞鶴国際埠頭整備事業(舞鶴市)

『あれっ、この事業は京都府じゃなくて市の事業なのにな。』と気付いた方は行政通です。例えば(1)の亀岡市の農業集落排水事業は亀岡市が事業主体ですが、京都府もこの事業に補助金を出しており、十分に決算の調査対象になり得る訳なんですね。
宮津市にある(5)の消防関連施設整備にしても同様に交付金を出しており、この施設の更新によっていかに消防・防災業務が無駄なくスピーディーに行えるようになったか、ということを熱心にお話しいただきました。

(4)の茶の栽培振興は、本庁ではなく出先機関の広域振興局単位で地域の特性を生かして独自に予算建てできる『地域戦略推進費』を活用したもので、栽培を始めてから5年以上が経過し、いよいよ収穫できるまでになってきました。今後は茶園の拡大に加えて製茶工場を建設予定で、さらに茶振興を強化していくことになっています。

舞鶴の和田埠頭は、京都府にとっても舞鶴市にとっても長年取り組んできた大型プロジェクトで、いよいよ来年の4月から供用が開始されます。ふ頭内の立地予定企業もすでに内定し、現在は上屋等の建設で現場が動いていました。厳しい不況で港湾の利活用にも少なからずの影響は避けられない情勢ですが、舞鶴のみならず京都府北部の経済振興の起爆剤となることを願っています。

本来なら調査を終えれば京都市内に向かうわけですが、私は地元ということで西舞鶴駅に降ろしてもらい、みなさんの乗ったバスをお見送りして帰りました。
残すは来週24日(火)の総括質疑のみとなりました。私は最後の質問者として登壇予定となっており、13:00〜17:00にKBS京都で生中継されます。ぜひご覧ください。

JUGEMテーマ:地方議会
 

| 京都府議会 | 2009.11.20 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2020.04.22 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック