京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 質問する時に考えること。 | main | 怒り。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
初めて、議会で『議事進行』って言われました。
昨日開催された総務常任委員会で、私かこういう質問をしました。
『京都府庁の敷地の北側に街宣車が駐車してありますよね。あれはどこの所有物ですか?』

理事者の中には、『えっ?そんなのあったか??』というリアクションと、『ああ、あれね。』という反応と両方がありまして、おずおずと担当課長さんが、『京都府職員組合のものです。』と答弁がありました。

私:『京都府庁内に府所有以外の車を常駐させる場合には、一定の決まりがあるはずですよね。その決まりに合致しているんでしょうか。』
課長:『純粋な組合活動の範疇である目的と同時に、付随的に政治活動に利用することは認められております。』

私:『あの車両は、付随的に政治活動に利用するなんてものではない。もろに、政治活動のためにある車と言わざるを得ないのではないですか?だって、あれほど大きな車で、大きな赤い字でドーンとスローガンが書いてあって、大きなスピーカーが外に向いていますよね。あのような車両が府庁内に駐車してあるのは不適切だと思います。職員組合さんの活動は、第一義的に府職員の福利厚生と労働環境の維持・向上のはずで、政治活動はその上での『遊び』の部分だと思います。その遊びの部分の活動のために何で公共の場を提供しなければならないんでしょうか。こういうたぐいの車両は、自分のお金で府庁の外で駐車場を借りて止めるべきものと思います。適切に対処していただくよう要望いたします。』

すると共産党の議員さんが、
『委員長、議事進行について。』と挙手されて、
『ただいまの岡本委員の発言の中で、『遊び』という表現は、職員組合に対する侮辱的な発言ですので、委員長で適切に処理していただきたいと思います。』という内容のことを言われました。

すぐさま私も挙手しまして、
『その言葉の意味は、職員組合がしなければならない活動ではない、という意味を込めたものでした。訂正いたします。』と発言して事は終わりました。

私が言いたいのは、政治思想に合致しようがしていまいが、秩序は守られなければならないということです。今回の職員組合所有の街宣車については、『ついでに政治活動をするものだったらかまわない』ということを限りなく拡大解釈して堂々と京都府庁内に駐車してきたのだと思います。しかし客観的に見れば、それは間違っていると私は思いますし、たぶん多くの方に賛同していただける自信があります。

ダメなものはダメなのです。

JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政
 

| 国際・政治 | 2009.10.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/614
トラックバック