京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 京都府子ども議会。 | main | 思いのほか忙しかった総選挙。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
誇り。
鹿児島のある候補者の陣営の、小沢一郎さんが弁士を務めるくらいの大きな決起集会で、民主党の党旗を掲げるために日本の国旗を切り刻んで継ぎはぎしてあしらえたという記事を見ました。
怒りを通り越してあきれるしかありません。ただ、ああ民主党ならやりかねないな、というのがそのときの私の率直な感想でした。

この記事を見たときの私は日本人であることの誇りを分からない日本人がいることへの怒りが沸々と湧いてきました。でもこの『国旗を切り刻む』ことの何が悪いの?、と思った人には何を説明しても分からないでしょう。どこかのお店で自分がお金を出して買った国旗だし、自分で買ったものをどう扱おうが自分の自由だ、くらいの感覚で行ったのでしょう。それより政権交代が目の前にまで来ている大きな大会で、できるだけ大きな民主党の党旗を掲げることが重要だ。
きっとそんな感覚だったのかもしれません。

では、たとえ紙切れだったとして。
自分の名前を書いた紙を切り刻まれて、それを見た本人はどう思うのでしょうか。
あるいは自分の家の家紋が。
自分の大切な家族の写真が。
これが平気な人にこのことを訴えても理解できないでしょうが、私なら怒り狂うでしょう。それは冒涜であり自らの否定に他ならないからです。

別に犯罪ではありません、日本では。
でも、こういう感覚を持つ人に政治をする資格はないと断言します。候補者本人の愚行ではないにしろ、陣営の誰かがふと見れば分かるような簡単なチェックが機能していないことにも驚きます。

私も住民の審判を受けておりますので申し上げますが、選挙への向かう姿勢は、そのまま政治に表れます。逮捕されなければ何をやってもいいと考える人は、そういう政治をされると思います。これくらいのことだったらいいじゃん、と軽く考える人は、そういう政治をされると思います。してはならないことはどんな軽いことでもしてはならないんだ、と考える人は、そういう政治をされると思います。

だから民主党は、そういう政治をされるんだと思わずにはいられません。
私の怒りは2つあります。その1つは愚行を行った民主党のその陣営に対して。そしてもう1つは民主党の鳩山代表に対してです。
メディアによると、『鳩山代表は謝罪したうえで、「我々の神聖なマークなので、マークをきちんと作らなければならない話だ」とも述べた。』のだそうです。

ハッキリ申し上げますが、あなた方のマークが神聖なのかどうかなんて私は知りません。マークをきちんとつくらなければならないのはあなた方の身内の話であって、そんなことは私たちは預かり知るものではないのです。それより、党首として、あなたには国旗を切り刻んだ者が党の中にいる、ということを純粋に謝罪してほしかった。結果として日本人が日本を愚弄したことを、その代表者として謝るべきだった。

ところがこの記事だけを見れば、国旗を切り刻んだことよりも民主党の党旗をきちんと作らなかったことへの遺憾の意を表しているようにしかとれません。

だから民主党は、国家のことよりも、民主党そのものの栄華を掴むための政治をなさることでしょう。
民主党への期待は少なからずあります。でもきっと国民のその期待は、裏切られることになるのではないか。そう思わざるを得ない、私にとっての大きな事件でした。

JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政
 

| 国際・政治 | 2009.08.20 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/604
トラックバック