京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< がんばれサンガ! | main | ローカル・マニフェスト。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
市民不在の政治。
久々に元・職場である舞鶴市議会の本会議の様子をうかがいに行ってきました。どうしても心配な懸案事項があったからです。この日は議会の最終日で、当初予算の議決と2人目の副市長の設置について紛糾しました。

まず当初予算については常任委員会の様子を聞いていたので可決されるとは思っていましたが、さらに予算案に関して自民党系の創政クラブと鶴声クラブから決議案が出され、その質疑の最中に私は舞鶴市役所の議会フロアに到着しました。

その内容は病院事業が赤字を出していることへの批判をしているものでしたが、自民党系の2つの会派の相も変わらないくだらない政争を繰り返す態度にげんなりしました。
まず、赤字の原因は前・市長の言動をきっかけにして起こった医師の集団退職により病院事業が壊滅的になり、全国の医療関係者に舞鶴市の悪名をとどろかせたからで、その再建を大きな政策に掲げて現在の斎藤市長が選挙で劇的な当選を果たされました。
現在は舞鶴市の地域医療の在り方検討会の答申を踏まえ、舞鶴市内の公的4病院の再編を前提とした協議を進められているところであり、これを無視して舞鶴の地域医療の再建はあり得ないのです。事実、京都府も斎藤市長の方向性を是とし、舞鶴市民病院に院長先生を派遣するなどし、病院再編の取り組みを強力に支援してきました。

今回の創政クラブと鶴声クラブの決議案はそうした京都府と舞鶴市の取り組みに著しく水を差すものであり、足を引っ張っている以外の何物でもありません。京都府は府立医科大学を抱えており、実に舞鶴市の半分を占める医師を派遣しています。舞鶴の地域医療を名実ともに支えている京都府が認めている方向性に異を唱えるのは簡単ですが、自民党系の2会派がこれ以上の具体的な対案を示せているかといえば、市長自らが方向性を示せと言い張るばかりで、自分たちの政策を持って議論を挑んでこないのです。

それらを総合すると結局は市民不在の、自分たちが気に入らないという理由だけの行動としか思えず、議会運営を私物化していると捉えざるを得ません。

また副市長人事では、反対にもかかわらずその理由も示さずに議決してしまいました。2人目の副市長を置くことはかまわないとは言っておられるのですが、この人では認められないというのです。ではそのダメな理由が何かはハッキリと言われない。
賛否の理由を明らかにできず市民に対する説明責任もできない、それは結局、数の力をかさにきて好き嫌いで政治をやっているからではないでしょうか。

この日に傍聴に来られていた多くの市民も2会派へのこれ以上ない失望の声を上げられ、怒りを通り越してあきれたと口々に吐き捨てるように言っておられました。私もまったく同じ気持ちです。こんなのが次の市議会議員選挙まで続くのかと思うと本当にうんざりします。

こういった舞鶴市議会の状態は今に始まったことではないのですが、私は今まで、いたずらにあおってはいけない、もしかしたらどこかで歩み寄ってもらえる時がいつか来るのではないかというかすかな希望もあり、いろんなところで話したりブログで書いたりすることを控えてきましたが、やはり舞鶴市民の皆様にもどんなふうにして今の舞鶴市の政治がおこなわれているかを知っていただくことは重要だと思い始めました。
とにかく地域医療のため斎藤市長を中心に舞鶴市には頑張っていただきたい、そしてそれを京都府議会議員の立場からしっかり下支えさせていただきたいという思いを強くした出来事でした。

JUGEMテーマ:地方議会
 

| 舞鶴市議会 | 2009.03.29 Sunday | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
話には聞いていましたが閉ざされた議会をいい事に16人は、特に3人はやりたい放題ですね。
市長の失敗を待ち望み、もしかしたら体調不良で倒れるのを待ち望んでいるとしか思えません。そういえば3人が「4年の辛抱や。4年辛抱すれば自分達の代が戻る」と密談されていたという話を聞いた事があります。自分達の代が戻るというのは、どういうことでしょうか。これでは、舞鶴からは医者はいなくなりますね。
府の協力を批判するというのは知事の政策批判をされているということですね。これまた舞鶴市は府からも見放されます。
新聞にも大まかな事しな載っていなく、たまに入る新聞折込は共産党のチラシ。どこまで本当なのかわかりません。
16人の当選は民意でもあると思いますし3人の1人は3位当選されているじゃあないですか。正直、議会は平日の昼間、仕事をしているものは真実を知ることもできません。
市民が自分の1票を責任もって投票できるように今ある舞鶴市を教えてください。どちらが正しいのかは市民の1票の結果しかありません。
| 真実をしりたい市民 | 2009/03/30 8:15 AM |
やっと、舞鶴市議会のダレ切った行動に言及していただけましたね。議員は、どうお考えかが判らずに人づての話を聞いておりました。いったい、現在の創政と鶴声の方々はどうお考えなのでしょうか。療養型の病院にするべきならば、年間一人当たり30万円弱の支給がされているらしい費用を使って、細かい計画立案をするべきじゃないのでしょうか。『立案や計画比較は市長がすること』とおっしゃっていると聞きました。私たちの様に週に3日も仕事がなく休まなくてはならず、家のローンに怯え始めている市民がいることをご存知なのでしょうか。市議会の解散は誰も考えておられないのでしょうか。それこそ、市民の心を問うべき時期だと思いますが。私も詳しくは判りません。でも、真実をしりたい一市民です。
| maizuru.taro | 2009/03/31 5:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/567
トラックバック