京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 京都府林業試験場。 | main | 大阪から京都へ。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
農林三昧。

2日間にわたって京都創生フォーラムの管内調査を実施し、京丹波町⇒福知山市⇒京丹後市と回ってきました。現在、京都府では農林関連の試験・研究施設のあり方が検討されており、事あるごとに意見を述べてきている経過があります。



しかし私も実際の現場を見たことがなかったため、かねてから1度それらの施設に行ってみたいと考えていたのですが、決算審査が終わって12月議会が始まるまでのこの期間を利用して視察に入らせてもらえることになりました。



今回の行程はいつもにも負けずタイトなものです。初日は、京丹波町役場での概要説明・質疑応答⇒旧・船井農産跡地(鳥インフルエンザ)⇒畑川ダム現地⇒京丹波町簡易水道事業⇒京都府林業試験場⇒京丹波町内PCB保管予定地跡⇒丹波フリースクール周辺、と回って福知山市に向かい宿泊しました。



2日目は、京都府林業試験場 夜久野分場・京都府緑化センター⇒府丹後農業研究所⇒京丹後地区経営構造対策事業⇒国営農場の茶畑⇒国営農場における農業生産法人の取組み、と回ってみるともう夕方、最後に会派の会議をしてそれぞれの帰路につきました。



天候に恵まれて快晴の中での現地視察は非常に心地よかったのですが、それにしても寒かった!2日目は朝起きてみると雪が積もっていて、京丹後方面の路面は大丈夫かと心配しましたが、路面は乾いていて十分に走れました。しかしこの時期の雪は午後には融けるものですが、夕方までしっかりと残っていて、最後の国営農場付近は道路にも積雪がありました。さすが京丹後、あなどれません。



特に研究施設については、まつたけや丹後産コシヒカリなど、その産地・その地域にあるからこそ力が存分に発揮できるのだということがよく分かり、また単年でいろんな技術開発や成果が出るのではなく、コツコツと長年にわたって積み重ねてきたものが、さらにこれからの研究に生かされていくのだということや、地道な努力と根気が何より必要であることもよく理解でき、非常に有意義な視察となりました。



H201119 H201119_2 H201120 H201120_2



| 会派でGO! | 2008.11.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/534
トラックバック