京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 学び教育推進プラン(中間案)。 | main | 高速道路料金の値下げ! >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
MSC漁業管理認証。

MSCってご存知でしょうか。MSC漁業認証とは、『持続可能で適切に管理され、環境に配慮して営まれる漁業のための認証制度』です。ロンドンに本部を置くNPO法人、Marine Stewardship Council(海洋管理協議会)というところによって運営されているそうです。



実は9月19日に、京都府機船底曳網漁業連合会が日本はおろか、アジアで初めて認証を取得され、今日はMSC漁業管理認証授与式があり、私も式典に出席させていただきました。



ではこの認証がどういう意味を持っているかといいますと、京都府の沖合での操業において、漁獲量の減少が1970年代から顕著になったため、中長期的かつ継続的に安定した漁獲を確保し、水産資源を守ることによる環境対策を長年にわたって取り組んできた成果が認められた、ということなのです。



その資源保護の取り組み内容を見ますと、まずは操業禁止区域の設定、水ガニの漁獲制限、混獲防止や未成熟個体の漁獲防止のための改良網の導入や網目拡大等の工夫など、これらの研究や実践は、それはそれは大変なものだと容易に推察できます。



これらの取り組みの結果、ズワイガニなど、乱獲で大幅に減少した水産資源が目を見張るほどに回復し、審査機関をして、『ここまで資源を回復させた事例は世界でもまれである』と言わしめたほどです。



ちなみに、アジアで初の認証取得だと申し上げましたが、世界では35番目、そして今審査を受けているグループが100以上あるとのことで、水産業は世界的に見ても、悪く言えば獲りっぱなしという側面があるので、しっかりと水産資源を管理しながら漁獲し市場に送るという良い循環がレールに乗っていけるよう、その輪が広がることに期待が広がる大きな一歩だと思います。



また15名の会員のうち私の地元・舞鶴の会員さんが9名いらっしゃり、アジアの最先端の漁業をしていらっしゃるのが舞鶴の人たちなんだと思うと少なからずの興奮を覚えます。暗いニュースばかりの中で、久しぶりにうれしい話題に触れることができました。



| まちに元気を取り戻そう! | 2008.10.09 Thursday | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
われわれかまぼこ業者も、世界の漁業資源の先行きに大変な不安を抱えています。こうして、資源を安定的に保っていくことこそが大切で、これまでの日本の水産行政は多くの間違いを犯してきたことを反省し、意識の転換をはかっていく必要があると思います。
| 酒蟷螂 | 2008/10/09 5:17 PM |
>酒蟷螂 さま そうですねえ。 かまぼこ業界も質の良い材料を確保するのに苦労されていると伺っています。 こういう取り組みが当たり前になってほしいものですね。
| おかちゅう | 2008/10/10 5:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/524
トラックバック