京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 舞鶴養護学校。 | main | 目指せ月収10万円! >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
ひばりの音楽発表会。

うちの子が通うひばり幼稚園の秋の大イベント第2弾、音楽発表会が無事終了しました。毎年南公民館で開催されるのですが、保護者の場所取りが毎年し烈を極めており、東京ドームの巨人戦のように早くから玄関前で並ぶ保護者で行列になるほどで、早い人は何と前日の10時半から並ばれていたとか・・・。まあ、子どものことで一生懸命になるのはいいことではありますが、なんともご苦労なことですね(苦笑)。



私は本部役員ですからどうせ場所取りなどできないので、役員の集合時間に悠々と現れ、皆さん長時間並んで凍えていらっしゃるのを尻目に『皆さんおはようございま〜す。』とか言いながら勝手口から中に入らせていただくのです。もちろん準備のためですが。



運動会の主役は鼓隊やリレーがある年長になりがちですが、音楽発表会は各学年ともに特徴がよく出て別の楽しさがあります。世代ごとの特色があったかと思えば、どの世代でも同じような行動があったり、子どもたちを見ているとおもしろいものですね。



閉会のあいさつの時にも触れたのですが、ひばり幼稚園で行っていることに無駄なことはありません。すべてしっかりとした目的とねらいがあるのです。もちろん教育機関ですからそうでなくては困るのですが、ここまでのこだわりを持って運営している園はそれほどないのではないかなと見ていていつも感じています。



成長の度合いと年齢を考慮しつつそれに応じた課題を与えて頑張らせ、時には厳しく指導をしながら乗り越えさせ、成長を促すことを日々行うことで、子どもたちの可能性を引き出すには、先生たちの見えない努力があってこそのことです。子どもたちに教えたり思いを伝えるために、夜遅くまで研修を積んでいらっしゃったとか。そうした真剣さは子どもたちにも伝わっているようで、一生懸命に頑張ろうとしているのが伺えます。先生と子どもたちにある種の信頼関係があるのです。



ちなみに園長先生は、先生たちがそちらにかかりっきりになるため、夜のお出かけも厳禁だそうで、電話番兼雑用を一手に引き受けなければならないという役回りを、毎年この時期はされているそうです。



本番では来賓席に座らなければならず、角度が薄くて我が子の様子がよく見えなかったのが残念でしたが、これはもう仕方がありませんね。帰ってからかみさんが撮影したビデオを楽しみにしていたのですが、画面がブレまくって酔いそうでした。



節々でこういうイベントを通じて子どもの成長を感じるものですが、コイツらすごい!と幼稚園児を見て思わせられるひばり幼稚園なのです。



| すべての根幹は教育にあり! | 2007.11.26 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/452
トラックバック