京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 業務連絡、photo albumを更新しました。 | main | 水金地火木土天海・・・迷。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
議会活性化は先送り。

議会運営委員会で議会活性化について取り上げられており、その進捗について何度かご報告してきましたが、今日の議運でおおむねその答申がまとめられ、後日の議員協議会で議会運営委員長が委員長報告を行います。



では議会活性化のためにどのようなことが今期中に実現することになったのでしょうか。実は何もありません。本当に1つも実施されることなく、次期改選後の課題ということで先送りになってしまったのです。



検討項目として実際に検討されたのは12項目で、そのうち実施することになったのは3項目ですが、そのうち2項目は既に実施できているものを継続して行うという趣旨のものですから、実際はわずか1項目、『現在の4特別委員会の存在意義を、再編・新設・廃止も含めてゼロベースから検討する』というものです。しかしわずかこの1項目でさえ、内容については次期改選後の議員さんたちで検討してもらおうということになってしまいました。



今回の検討結果の内容とは関係なく、議会活性化については、今後も継続して検討していくことで各会派とも一致しているので、『次期検討課題』という答申は、実質ゼロ回答ということだと思います。



特別委員会の検討くらい、まだ任期は数ヶ月も残っているのだから時間は十分あるじゃないですかと私が言うと、実際にその委員会で活動するのは次の議員さんだから、当事者で考えてもらうのが良い、という意見が主流でした。



そんなことを言い出したらどんな改革もできません。議会活性化の話を始めるのがあまりに遅かったためお尻に火がついているだけであって、本当はもっと早く立ち上げるべきだったはずです。また改選後の議員のメンバー構成を考えると、おそらく数人の新人が来られるくらいで、大きな入れ替えは考えにくい状況です。そして新人さんがいきなり議会運営の中心に入ってこられたりすることは一般的にはあり得ませんし、特別委員会の意義や背景など全く知らない新人さんに考えや的確な意見を求めることも酷な話で、実際には2期目以上の議員さん達を中心に検討することは明らかなのですから、なぜ改選を待たなければいけないのか私には理解できません。



そして11月の選挙後、12月初旬の新しい体制には間に合うように特別委員会の再編を行うか、あるいはさらに1年後になるか、ということだそうです。



特別委員会とは、特に重要な案件について特別に掘り下げて調査・研究をしましょうという趣旨のものですので、1年後に、というのは遅すぎる気がしますし、選挙の後のわずか1週間程度で決めなければならないのであれば、先ほどの理由も含めて、今からじっくりと練ればいいのではないかと思います。



とにかく9月初旬の議員協議会で、議会運営委員長が委員長報告を行います。私にとってもいろいろと反省点の多い委員会でした。



| 待ったなし!議会改革。 | 2006.08.21 Monday | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/352
トラックバック
議会改革(まだ綾部はまし?)
トラックバックをかけます。ブログはこういう事が可能なのです。議会・議員について今
| 塩見まりこの心の扉 diary | 2006/09/16 10:14 AM |