京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< お母さんたちのソフトバレーボール大会。 | main | 平成18年6月定例会 一般質問 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
行政視察は医療関連で。

市民フォーラム・舞鶴のメンバーで行政視察に行ってきました。今回の視察は舞鶴市民病院の今後をにらんでの研修に特化しました。



まずは山形県は置賜地方の地域医療についてです。県と長井市・南陽市・川西町・飯豊町の2市2町が広域病院組合を組織して公立置賜総合病院を設立し、既存の各自治体の病院の機能を縮小してサテライト病院と位置付けるとともに、登録医制度というものを設けて開業医との連携も深めているようです。



2次・3次医療のために県立病院を求める声がこの地域では大きかったわけですが、県独自では財政的に厳しいということで、折衷案として広域病院組合が誕生したということです。病々連携とか病診連携などという言葉がありますが、実際のところしっかりと連携できている地域は皆無に等しいのが現状です。そうした中で、サテライト病院の医師確保など課題も抱えながらの運営のようですが、地域医療のひとつの形だと感じました。



次は国の進める医療制度改革の動向を聞かせていただくために厚生労働省へ向かいました。省庁とのアポは議会事務局さんはやってくれないので、国会議員にお願いして橋渡しをしてもらいました。そのせいか特に手続きも必要なく、電話1本のやりとりでこの日お世話になりました。



国はやはり財政的な部分に軸足を置いていらっしゃるので(あたり前ですが)、正直なところ地方に対する所見は大変厳しいものがありました。しかし良くも悪くもこうして面と向かって自分たちの考えをハッキリ言われたところを私は気に入りました。そして我が舞鶴市民病院の運営方針は国から見てもメチャクチャだということも再認識できました。特に新しい考え方を聞いたのではありません。おぼろげに捉えていたものがしっかりと形になり、今のままではやっぱりダメなんだということを改めて確信したのです。



また愛知県の新城市民病院では総務省からのアドバイザーを招いて病院改革委員会を立ち上げ、民営化すべしという方針を出されながらも、あえて『公設公営』での自立再建を目指しておられます。そのキーポイントはやはり医師確保です。そのために大学の医局との結びつきをいかにして太くしていくかということを重要視されているようで、独自のルートでの医師確保は難しいとのことでした。



地域医療・国の医療制度改革・病院再建という3点セットの行政視察でした。



地方自治体が地域医療を守るためには何より医師の確保が最優先課題であるわけですが、それがまた非常に難しい時代に入っており、できなければ地域医療の崩壊に直結しているという、まさに進むも引くも『イバラの道』です。残念ながらどこも困っている状況の中で大きな手助けはどこからも期待できない以上、せめて自分たちのところだけでも自立できるように確固たる信念を持って取り組まなければならないと思います。



今日、正式に舞鶴医師会から派遣される常勤医の先生が公表されました。80歳の先生で、役職は『名誉病院長』なのだそうです。『名誉』って何のことだかさっぱり分かりませんが、とにかく病院事業の廃止は当面免れたようです。今の市民病院にお越しいただく先生も大変ご苦労なことですが、そんなことよりもっと根本的なところを議論できなければ、再建などあり得ないことです。



| あんしん・あんぜん | 2006.06.30 Friday | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
残りの患者さんを名誉病院長さんの所へ移した方が良いと思うのにこだわりますねぇ。完全に電気消して少しでも経費減らした方が納税者は納得します。
| ゴンゴンゴンゴン。 | 2006/06/30 11:02 PM |
80歳の名誉病院長なんて名義貸しに他ならないと思います。まあ、急場しのぎなんでしょうけれども、もう少し他に考えるべきことがあると思います。医師が来なければ再建はおぼつかない訳ですから、もっと急性期医療の第一線にいる医師たちの声に耳を傾けるべきではないでしょうか。確かに医師会に医者は居るのでしょうけれども、急性期を診る医者と考えると交渉相手としては間違っているような気がします。
| ポストドクター | 2006/06/30 11:38 PM |
>ゴンゴンゴンゴン。 さん 2人の入院患者さんは何が何でも動かせないのではないようです。つまり引き受け先が見当たらないのだと思います。今回の件で市民病院からいろんな地域への転院を余儀なくされた方々がたくさんいます。つまり、舞鶴市の他の3病院だけでは賄えないということの表れです。 >ポストドクターさん 舞鶴市民病院は、療養型を主とする慢性期医療に活路を見出すのだそうです。 療養型の病院に医師は来るでしょうか。来るわけがないですよね。 過去の清算ができていないことに加えて、とても現実的とは思えない運営方針・・・今の状況で病院再建など考えられないことです。 理事者は、このような状況になっても、『私が間違っていました』と言えない人種なのかもしれません。
| おかちゅう | 2006/07/03 10:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/340
トラックバック
夜間や休日などの当直医として防衛庁から医官の派遣を受ける
何かと・・・な、京都府舞鶴市、ですが、舞鶴市民病院 自衛隊が医官8人派遣
| “hima's blog” livedoor | 2006/07/06 8:39 PM |