京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 平成17年12月定例会 総括討論 | main | 舞鶴人かって怒っとんねん! >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
会派を結成しました。
舞鶴市議会では3人以上で会派を結成できます。会派に所属していないとハッキリ言って干されます。経験上からも間違いない(苦笑)。
多くの場合、政党色の強い会派以外は、仲間はずれを嫌い政治姿勢の何たるかも熟慮せずに徒党を組むことが多いのが現実です。

この12月に最大会派から議員さんが1人脱会されたことは以前述べましたが、これで会派に所属しない議員が3人そろったため、多くの人が『この3人で会派を組むのではないか。』と考えられたに違いありません。しかし私は数合わせの互助会的な会派をつくる考えは毛頭なく、かといって会派を結成できればいろんな特権がもれなく付いてくるため、水面下では会派を結成できる可能性については話し合いを持ちました。

意思統一を図ったのは次の1点です。『万が一、政策的な考え方の違いが出た場合にどうするか。』
こういう可能性が現れないとも限らないのはわずか3年間の経験でも身にしみて感じています。これまでは自分の判断のみで行動できましたが会派の一員ともなれば話は違います。
3人の話し合いでは、『会派としての意思統一をすべく努力はすべきだが、それでも相いれないときは各人の判断に任せるべきだ。』という結論に達しました。それなら私としても望むところです。

というわけで、すっかり忘れられていたであろう今日になって突如、会派結成届けを提出してきました。任期の途中で会派編成が行われたことは過去に例がなく、議会事務局さんもやや慌て気味の感がありました。議長にもご挨拶したかったのですが、あいにくの出張中。市長も病気療養中。助役もいらっしゃらない。誰もいない中でのひっそりとした会派結成となりました。まぁこれも私たちらしくて良いと思います。

幹事長は私がさせていただくことになりました。何事も勉強だから若いもんがやってこい!ということでしょう。はい、勉強させていただきます。

| 待ったなし!議会改革。 | 2005.12.20 Tuesday | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
一般質問傍聴にきていた嫁さんに怒られました。「あんたリラックスしすぎ、くずれすぎ」。 ちゃんと真剣にやってるんやけどなあ。 会派結成おめでとう。ますますの活躍期待してます。
| すだちゃん | 2005/12/20 11:54 PM |
結成おめでとうございます。幹事長の大役ご苦労様です。今後も、このような姿勢の議員さんもいらっしゃることは舞鶴にとってはいい事だと思います。 がんばってください。
| てつ | 2005/12/21 12:51 AM |
いつも、お付き合いいただき、有り難うございます。今春、京丹後市市議会でも(出来て2年目なのに)、会派再編がありました。 一市民、一府民として、何かの胎動を感じる動き・・・こういう動きは歓迎です(#^.^#)
| hima | 2005/12/21 9:11 AM |
会派結成おめでとう。また幹事長就任おめでとう。 議会に新しいムーブメントを起していきましょう!
| さとし | 2005/12/29 11:26 AM |
みなさんありがとうございます。 >すだちゃん たった3人でも、意見を集約するのって大変ですねぇ。すでに洗礼を受けております(苦笑)。 >てつさん 気概だけは持っているのですが、まだまだひよっ子です。 >himaさん そう、私も最近新しい胎動を感じつつあるのです。新しい風を吹き込む、その一助になればと意気込んでいます。 >さとしさん ムーヴメントを起こすには、翔○会さんの活躍が不可欠です! どうぞよろしく。
| おかちゅう | 2005/12/29 5:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/283
トラックバック