京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 農業委員会に市議会議員は必要か。 | main | カブトムシの羽化(1) >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
大人への脱皮。
 2日ほど前から次々にカブトムシが羽化してます。4つの水槽のうち2つを掘り返して様子が見られるようにしていました。ごめんよ。残りの水槽は、1つは蛹にて待機中、もう一つはまだ幼虫のままみたいです。

 改めて土を固めて蛹室らしきスペースを作って入れてるんですけど、糞が(大量に)混じったマットはしっかり固まっていい具合です(あくまで人間の主観)。室内のビミョーなカーブもなるべく実際に近くなるように心掛けました(ほとんど粘土細工)。ただしコバエが増殖するのでそれが難点(シャレにならんくらい多い)。

 したがいまして人工蛹室のあり方については次年以降の課題と認識し、来年の蛹化期前を目途に、前向きに検討してまいりたいと考えております(笑)。

 前回カブトムシのことに触れたのは6/1で、その時は幼虫が蛹室をつくってた、と書いていました。しまった、もうちょっとマメに書いておけば、来年以降の参考になったであろうに・・・。

 面白いことに、同じ水槽の虫たちはある時期いっせいに蛹になり、いっせいに成虫になります。大きさはまちまちなのに。共同生活で同じ釜の飯(マット)を食ってる仲間同士、申し合わせ事項でもあるのかな。

 羽化するところを記念に写真に撮っておこうと思います。上手く撮れれば、アップします。

 それにしてもメスばっかり。人にもあげたいんですけど、番(つがい)でないと差し上げにくいので困ったものです。誰かとトレードできんかな。

| ペット | 2005.06.24 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/200
トラックバック