京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 企業家シェアハウスFespa京都の定例交流会。 | main | オオクワガタの割り出し >>
 
引っ越し!

h290128:引っ越し001

このほど新居を構えまして、引っ越ししました。

驚くことにこの日、まだ1月も下旬だというのに梅が咲きだしていました。先週は全国的に豪雪に見舞われ、京都でも例年にない大雪となったばかり。気温の寒暖の激しさに、梅の樹も春は間近と勘違いしたのでしょうか。この愛らしい梅の花もこれで見納めとなるんですね。

 

h290128:引っ越し002

マイホームを考えた時、早い段階で新築は選択肢から外し、同じ予算で少しでも広い住宅・広い敷地になるよう、かつ歩いて駅に行ける距離・時間になる立地、の中古物件を探しました。その理由の一つに『嫁入り道具で持ってきた家具』があります。

聞けば飛騨高山の名高い匠によるものだそうで、素人の私が見ても大変良いものであることがわかる家具なんですね。もちろん良い樹を使っているのでビックリするほど重い!

 

そんなのが大小4つ、できれば2階に上げ、かつ横一列に並べたい、という思いがありまして、その目線で物件を探しますと、途端にハードルが上がりました。そんな中で最終的にこの家にたどり着き、この日を迎えたわけです。しかし残念なことに、2つは階段から物理的に上げえることは困難で、しかも屋外から2階に垂直に引っ張り上げる作業も庇や外壁の関係でできず、あきらめることとしました。

 

ところがしばらくたって引越屋のお兄さんたちが、『よろしければ2階に上げるの、もう一回やらせていただけませんか?』と言ってくれたのです。こうして画像や動画のように、トラックの屋上から2階にはしごをかけスライドさせて2階に上げたかった家具をすべて収めることができました。

(↓動画はこちら↓)

https://youtu.be/VckumaOBQTI

 

h290128:引っ越し0013

子どもたちもお兄さんたちにまとわりついてはっきり言って邪魔ばかりしていましたが、搬出・搬入の後も私たちは整理整頓していましたので、最後はこんなふうに邪魔にならないようにユーチューブを見ていたりしていました。

 

大きな家具を2階に上げることによって1階はかなりスペースにゆとりを持たせられることとなりましたのでとてもありがたかったわけですが、それよりも、引越屋のお兄さんたちの気概に私は感心しました。彼らにとって、通常よりもはるかに重たくて傷一つつけても賠償しなくてはならなそうな高価な家具を、何が何でも2階に上げなければならなかったわけではありません。物理的にできないわけですから、無理でした、で済ませることは何ら問題なかったのです。あの異常なほど重たい家具を2階に上げずに済むわけですし、別に2階に上げられなかったからといって収入に影響があるわけではありません。私たち夫婦も別に怒っているわけでも何でもなく『仕方がないなぁ』くらいの感覚でした。しかし妻は作業をしながら雑談の中でこの家具への思い入れをお兄さんたちに伝えていたので、きっとお兄さんたちはその気持ちを汲んでくれ、『お客さんに喜んでもらえるように何とかしよう』という気持ちが先に立ち、こうした行動になったのだと思うのです。何よりそこが素晴らしい。

私も同じ社会人として、大いに見習わなければならないと感じました。

 

JUGEMテーマ:引っ越しの時のよくある質問・疑問


| 住まい。 | 2017.01.29 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2017.07.23 Sunday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1123
トラックバック