京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 夜の京町家。 | main | 埼玉スタジアム。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2017.07.23 Sunday | - | - |
株式会社リヴの本社、SU・BA・COプロジェクト!
株式会社リヴは現在、京都の洛西口に新本社屋を建設中です。わが社にとってはもちろん一大プロジェクトであり、この機会に様々な仕掛けを検討中なのです。本社機能を持たせるのは当たり前ですが、この5階建ての社屋は実は木造で、しかも地域産木材を活用するという日本でも非常に珍しい取り組みとなっています。我々はこれを『SU・BA・COプロジェクト』と名付けています。

(↓株式会社リヴの新社屋を取り上げた主な記事↓)
https://www.atpress.ne.jp/news/74835
http://www.s-housing.jp/archives/82048
http://suumo.jp/journal/2015/09/25/98158/
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20151004000034
http://yutosoken.com/wp/2015/09/25/liv-r/
http://e-mokken3.blog.jp/archives/1046622308.html

h280117:本社002
まずそもそものスタートとして、社屋の建設にあたって地元に密着した木造の住宅を建築している工務店の社屋が鉄筋コンクリートや鉄骨造でありきたりの建物ではお客様に対して説得力も何もないじゃないかという社長の考え方からスタートし、輸入材のシェアに押されて普及が進まない国内産の木材の利用促進や林業の衰退などの長年の社会問題にも一介の中小企業ながら立ち向かってやろうと考えています。

h280117:本社001
上記のような斬新なデザインで全5階建て。1階は鉄筋コンクリート造なのですが2階以上は集成材を構造材に使用しており、しかも地域産木材を使用しています。こうした事例は西日本初、全国を見渡しても関東で1〜2例しかありません。
2〜3階は我々の本社機能を置くこととなっています。そして4〜5階はシェアオフィスとします。起業したばかりの若手実業家は必ずしも軌道に乗れているとは限りません。むしろ資金の獲得に大変苦労することが多いわけですが、そうした彼らに低家賃で事務所として利用してもらい、近い将来に立派に羽ばたいていってもらおうという趣旨です。入居者にはスキルアップのための様々なイベントや仕掛けも検討しています。だから『SU・BA・CO(巣箱)プロジェクト』なのです。1階は商談や打ち合わせができるスペースを置き、カフェを併設します。もちろん一般の方々にも利用していただきたいと考えています。
あと、1階のスペースで子育て支援もできないかと水面下で検討中です。こうした取り組みも『SU・BA・CO(巣箱)』の理念から生まれたアイディアなのです。

h280117:本社0013
施工中の新社屋の1階の構造部分が出来上がりました。いったん足場を外したので見に行ってきました。らせん階段が収まる予定となっている個所を下から見上げると冬の空が広がっていました。多方面からすでに何度も取材を受けたり記事にしていただいています。この立派な社屋の竣工に合わせて社内の様々な業務の改革にも全社を挙げて取り組んでいます。ソフト面でもハード面でも、新しいリヴになれるよう頑張っています。

JUGEMテーマ:自然 山 木に関する話

| まちに元気を取り戻そう! | 2016.01.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2017.07.23 Sunday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1117
トラックバック