京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< オオクワガタを掘り出しました。 | main | 夜の京町家。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2017.07.23 Sunday | - | - |
平成の京町家。
h271106:KYOMO001
株式会社リヴ(http://liv-r.co.jp/)は京都駅から徒歩10分くらいの所にモデルルームを置いています。そのモデルルームは他社さんと一緒に少し広めの敷地にありまして、スウモカウンターからの紹介や飛び込みの観光客などがよく立ち寄っていただいているようです。私は勤務し始めてからおよそ4か月近くがたってもまだここに用事がなかったために見たことがありませんでした。この日は京都駅近くで業務があったため、その流れで以前から見てみたかったここに立ち寄ることができました。

h271106:KYOMO002
扉を開けて中に入ると広々とした玄関でした。足元は御影石です。

h271106:KYOMO003
日本の住宅は階段が狭いのが普通ですが、狭いながらも開放感がありました。

h271106:KYOMO004
見上げるとこんな感じ。やはりモデルルームですので空間を贅沢に使って3階まで吹き抜けにしてありました。

h271106:KYOMO005
1階の和室です。最近の注文住宅事情を見ていますと、畳の部屋が徐々に少なくなっている感じがします。

h271106:KYOMO006
バスルームです。ガラス張りでビックリしました。

h271106:KYOMO007
ここは2階にダイニングキッチンとリビングがありました。いつもこんな設計をしているわけではありませんよ。モデルルームですから1階で受付をしたり打ち合わせができるスペースを取っていますので、その結果2階に台所を持ってきたのだと思われます。

h271106:KYOMO008
リビングのスペースです。ソファーの後は大きな窓になっているので光が燦々と差し込んでとても明るかったです。

h271106:KYOMO009
寝室。ダブルベッドでもツインでも十分な広さがありました。

h271106:KYOMO010
3階というか、ロフトみたいになっていまして、天窓が。電気をつけなくても十分に明るかったです。清掃について聞いてみても、あまり汚れは気にならないと言っていました。

h271106:KYOMO011
暖房器具です。部屋全体を温めるので、部屋ごとにコントロールはできないタイプなのですが、家の中の寒暖の差が出にくいので、心筋梗塞などは起こりにくいと思います。

このエリアを平成の京町家、もしくはKYOMOと呼んでいます。そして株式会社リヴの京都支店でもあります。こちらは営業部を4人配置していまして、新人2人が10月下旬にほぼサポートなしで初めて建売住宅のご注文をいただきました。頼もしいです。

住宅そのものはHABITA(ハビタ)というブランドで、大手の住宅メーカーには扱わせない、地域の工務店の中で認められた事業者のみが扱うことができるというこだわりを持ったブランドなのです。構造材が集成材となっており、わざとむき出しになった柱や梁が室内の強いアクセントになっています。予約不要ですので、ぜひ一度立ち寄ってくださいませ。

JUGEMテーマ:注文住宅

| 住まい。 | 2015.11.07 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2017.07.23 Sunday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1115
トラックバック