京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 連絡所の看板。 | main | 早朝の辻立ち。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2017.11.03 Friday | - | - |
嶋田麗雲先生の毎日展 毎日賞受賞記念祝賀会。
h270222:嶋田麗雲先生001
日本最大の歴史と権威ある書道展、毎日書道展で我が地元・舞鶴在住の女性が毎日賞を受賞され、その祝賀会が多くの関係者や知人・友人の列席のもとで盛大に開催されました。

h270222:嶋田麗雲先生002
実は彼女は京都府の職員でして、長く教育庁で勤務していましたので、かつての直属の上司であって京都府の教育行政の事務方のトップである橋本 京都府教育次長が舞鶴まで駆けつけて来られました。その他にも多くの教育庁の幹部や校長先生、仲間の教員などが集まられたのは彼女の人徳だと思います。

h270222:嶋田麗雲先生003
また同級生から親友ならではの手荒い(?)祝福を受け、何人からも楽しいお祝いの言葉をお聞かせいただきました。

h270222:嶋田麗雲先生004
書道は小さい頃から嗜まれており、あまり好きではなかったときのこと、何かのきっかけで書道を究めようと思った時のこと、いろいろなお話をなさいました。書は、書いた本人のその時の精神性が出る。展覧会で賞を取りたいなどという気持ちが強過ぎると自己主張の強すぎる書になってしまう。たくさんの方にお世話になっているという感謝の気持ちを忘れず、これからも書に向かいたいというお話が強く印象に残りました。

h270222:嶋田麗雲先生005
それで余興というには恐れ多いことなのですが、実際に現場で書いていただきました。私は嶋田麗雲先生との付き合いは何年にもなりますが、実際にこうして書かれる様子を拝見するのは初めてでした。まるで魔法のように、生き物のように文字が生まれていきました。

h270222:嶋田麗雲先生006
こうして笑いに包まれた祝賀会はあっという間に時間が経っていきました。彼女はまだ若いですが、もうすでに書家としての地位を確立されています。また昨年はクルーズ客船が寄港した折の外国のお客様をおもてなしする際も、書道の分野でご活躍いただきました。これからますます書道を究めるため突き進んでいかれると思います。嶋田麗雲先生のますますのご活躍を願ってやみません。

JUGEMテーマ:書道

| すべての根幹は教育にあり! | 2015.02.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2017.11.03 Friday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1099
トラックバック