京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 岡本忠藏後援会 新春の集い! | main | 山田啓二 京都府知事表敬。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
五十鈴川での禊行、伊勢神宮参拝。
衆議院議員・市長・府県議会議員・市町村議会議員や議員志望などの有志で伊勢神宮に結集しました。松下政経塾1期生で東西文明周期論や中国思想、大和言葉の第一人者である林英臣先生に師事する者たちの集まりです。もちろん研修も実施していますが、私は公務により参加できず、しかしみんなと一緒に五十鈴川での禊行を行いました。

h260121:伊勢神宮01
早朝5時20分集合。前日は早めに飲酒を控え、睡眠をとって各自で体調を整えています。いわゆる『使用前』の画像です。

h260121:伊勢神宮02
導士として公益財団法人 修養団の寺岡先生にお世話になり、こうしてきれいに2列に並んで無言で修験場となる五十鈴川にまで駆け足で向かいました。

h260121:伊勢神宮03
五十鈴川の河川敷に到着しますと、ササッと衣服を脱いで、ふんどし姿になります。そして整列し、作法にのっとり、行を始めます。

h260121:伊勢神宮04
そして『流!汗!鍛!錬!』と唱えながらザブザブと五十鈴川に入っていきます。

h260121:伊勢神宮05
そしてころあいの深さのところまで行きますと、腰を下ろしてザブッと肩まで浸かり、明治天皇の御製を詠みました。
『五十鈴川 清き流れの末汲みて 心を洗へ 秋津島人』。
2度繰り返し、しばし沈黙。真冬・1月ですから何ともないわけがありません。『冷たい』から『痛い』に変わり、そして身体の感覚が麻痺してしまって何も感じなくなりました。大きくゆっくりと呼吸しながら、陛下の弥栄をお念じし、さらに政治を志す者の端くれとして自分は誠実に行動しなくてはならない、惰性に流されてはいけない、決しておごらず、すべきことを着実に行うことなどを自分に言い聞かせ、社会のために自分の持てる力を発揮できるようお力をお貸しください、とお祈りしました。こうしたことをゆっくり頭を巡らせることのできるくらいの時間、静寂が続きました。

川を上がったらすぐに寒さがぶり返してきました。禊を行っているときは精神が集中していられるためなのか寒くも痛くもなかったですが、水から上がったとたんに一気に素に戻りました。寒さで倒れそうなほどです。簡単に身体を拭いて衣服をはおり、途中、皇大神宮前の大きな鳥居の前で一礼し、また駆け足で宿舎まで戻りました。
宿舎前で締めた後、みんなでお互いに『おめでとう!おめでとう!』と讃え合いました。そしてみんなそのまま大浴場に向かい、風呂に飛び込んでやっと気持ちが解放されました。やはり、かなり厳しいことをやり遂げた達成感があり、みんなかなりハイテンションでした。イモを洗うようにギュウギュウ詰めでお風呂に入っている様はまるで青森県のニホンザルのようだったでしょう。急に温めたので手足の先がとても痛くなりましたが、そんなことはお構いなしに思うくらい、体が冷え切っていたんだなあと思います。

h260121:伊勢神宮06
その後、日が昇った後の五十鈴川です。下流に向かって左側の奥の河川敷で、私たちの禊を行ったわけです。

h260121:伊勢神宮07
こうして身を清めた後、伊勢神宮の内宮を参拝しました。

h260121:伊勢神宮08
まず、神楽殿で御神楽を奉納しました。私の地元でも御神楽を奉納したことはありますが、これほど丁寧な御神楽は初めてで感動しました。

h260121:伊勢神宮09
皇大神宮です。御垣内参拝させていただきました。通常は垣の外で参拝するわけですが、その内側に入らせていただいたのです。

h260121:伊勢神宮10
こちらは荒祭宮(あらまつりのみや)。こちらも皇大神宮と同じ天照大神が祭神なのですが、皇大神宮は天皇陛下の弥栄、日本の弥栄、世界平和などのみをお祈りするのが作法であるのに対し、荒祭宮ではちょっとくらいなら自分個人のお願いをしてもいい、ということだそうで、全体や公の安寧を国民みんなで祈ろう、そして自分のことはこっちでお願いしなさいという、大乗と小乗をちゃんと汲み取ってあるところが日本の神様らしいところだといつも思います。

h260121:伊勢神宮11
合間にちょっとだけでしたがおかげ横丁を散歩しました。こちらは伊勢の名物・赤福の本店です。お土産に赤福を買って帰ったのは言うまでもありません。

h260121:伊勢神宮12
こちらは外宮の豊受大神宮です。その他の宮様も合わせて参拝できてよかったです。先年の式年遷宮を記念して『せんぐう館』があり、そちらも拝観しました。

h260121:伊勢神宮13
番外編ですが、お昼に伊勢うどんを食べています。自分で見ていてもやはり疲労が出ている感がありますね。しかし穢れを祓い、厳しかった禊行をやり遂げ、精神的には非常に充実しています。伊勢神宮にお参りさせていただき、よい節目となりました。引き続き頑張ってまいります!
 
JUGEMテーマ:禊(みそぎ)

| 議員活動 | 2015.01.23 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1093
トラックバック