京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< いわゆる『従軍慰安婦』問題のさらなる真相解明と早期解決を求める意見書 | main | お正月の準備も万端、岡本忠藏事務所。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
もくもくビレッジの餅つき大会。
h261229:餅つき001
今日は就労継続支援B型事業所『もくもくビレッジ』で昨年に引き続き開催された餅つき大会にお招きいただいたので家族で参加させていただきました。やっぱり年の瀬といえばお餅つきですね。日本人は季節を肌で感じることをとても大切にしていますが、この時期は気忙しさとともにお正月の準備をすることで、今年も終わるんだなあとじわじわ感じます。またこんな時期でないと杵とうすでお餅をつくこともありませんので、私たち大人にとっても子どもたちにとってもとても良い機会だと思います。

h261229:餅つき002
私も息子と一緒にちょっとだけつかせていただきました。このもち米は利用者さんのおうちでつくられたものなんです。

h261229:餅つき003
そうしている間に女性陣は手際よく丸めていかれていました。あんころもち、お餅の中にあんこが入ったもの、きなこ餅、大根おろしなどでした。

h261229:餅つき004
できたそばから子どもたちに食べさせます。手前は2才のうちのムスメです。今までそんなにお餅は食べさせたことはなかったのですが、つきたてのお餅はとてもおいしかったようで、小餅を5〜6個、ペロッと平らげました。みんな和気あいあいと食事していました。

h261229:餅つき005
おなかがふくれると子どもたち同士で遊び始めました。障害を持った子と健常児、年齢もバラバラですが大声を上げてキャッキャ言いながら走り回っていました。この頃になると大人の餅つき隊も丸め隊もホッと一息、自分たちもお餅をいただきながらいろんな雑談をしていました。

舞鶴市内では作業所などの大規模事業所に加えてこうした小規模の事業所もでき始めました。お子さんの障害を受けて長年の思いをいよいよ具体化されたというチャレンジです。ですので保護者同士で築いてきたネットワークがこういう時には大いに活用され、すぐにたくさんの家庭が集まります。まだまだ始まったばかりですので様々な課題に直面していますが、とても前向きに活動されているので私も議員として、保護者として積極的に関わっていきたいと思っています。

JUGEMテーマ:忙しい年末&楽しいお正月♪

| やさしさと自立と。〜福祉に思う〜 | 2014.12.29 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1085
トラックバック