京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 京都府薬物の濫用の防止に関する条例(案)。 | main | いわゆる『従軍慰安婦』問題のさらなる真相解明と早期解決を求める意見書 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
JR山陰本線のダイヤが改善されます!
JR西日本のダイヤが改正され、来年春、平成27年3月14日(土)から新しいダイヤで運行されることとなっています。その中で、我々京都北部の地域住民にとって最も利用頻度が高い山陰本線について、大きな改善点が見られましたので、早速ですがご報告させていただきます。
その主な内容としては以下のとおりです。

(1)特急『きのさき』を京都駅発7時台に増発。

これまでは京都北部方面に向けた特急が8時台発だったため、舞鶴や福知山に到着するのが10時、宮津・天橋立ですとお昼前の到着になってしまっていました。これでは観光と思っても行動時間が極めて少ないですし、ビジネスでも午前中に何もできないため何かの事業に発展しにくいという課題が長年指摘されてきました。京都府では特にこの3年ほどは『海の京都』の施策展開のためにもぜひ今までよりも早い時間帯での特急の増便を、とJRに再三にわたって要望してきた経過があり、このほどそうした成果として現れた、と言ってよいと思います。

今回の増発により、綾部・福知山には朝8時台に到着でき、KTRに乗り継いでの豊岡・城崎・天橋立へは9時台に到着できることとなりますので、午前中の行動が可能となり、ビジネスでも観光でも大きく幅が広がることとなります。なお舞鶴方面へは普通電車に乗り換えていただくこととなりますが、同様の効果が得られることになります。

(2)特急『こうのとり』を福知山発20時台に増発。

これまでは大阪方面の最後の特急が夕方の時間帯だったのですが、これにより京都北部・丹波地域での滞在時間を大きく伸ばすことができます。

(3)特急『きのさき』・『はしだて』・『まいづる』の一部列車での所要時間の短縮。

これらの特急は、綾部駅で連結・切り離し作業が行われてきています。福知山方面と舞鶴方面の合流点にある綾部駅ならではの光景で、私もよく子どもを連れてその連結・切り離し作業を身に行ったりしています。しかしお客さまにとっては、せっかくの特急で最大9分、同じ駅に留まらなければならないのは物理的な時間だけでなく精神的にもストレスがかかるものです。今回、負担軽減や時間短縮のため、綾部駅の信号設備を改良しまして、約1分から最大4分、連結作業の短縮を実現できることとなりました。

ただすべてがよいというわけでなく、これらの改善点の傍ら兵庫県方面でのダイヤ改正では特急の運行が不便になった時間帯もあるようです。

私の地元・舞鶴をはじめとする京都府北部地域の様々な地域振興を図っていくうえで、公共交通のありようは非常に重要なウェイトを占めていますので、こうして我々が長く願っていた特急の早い時間帯での増発は非常に喜ばしいことです。京都府や沿線市町の努力や地域の皆さんの声を受けて対応してくれたJRに対して敬意を表しなければなりません。
ただこれらは我々が考えていることのごく一部が改善されたことですので、今後とも様々な関係機関が相互の連携を図っていただきながら、多くの課題の解決に向け頑張っていただきたいと願っています。

JUGEMテーマ:京都府舞鶴市ネタ 

| まちに元気を取り戻そう! | 2014.12.19 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1082
トラックバック