京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 北近畿タンゴ鉄道(KTR)の鉄道事業再構築に向けて。 | main | JR山陰本線のダイヤが改善されます! >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
京都府薬物の濫用の防止に関する条例(案)。
昨日の京都府議会警察常任委員会でいくつか理事者側からの報告事項を受けました。その内訳は、『京都府犯罪のない安心・安全なまちづくり計画』、『犯罪防御京都アクションプラン(最終案)』、『京都府薬物の濫用の防止に関する条例(案)』について、『阪神淡路大震災(発生から20年)、東日本大震災を経た災害警備活動の変遷について』といったものです。

委員会運営で特徴的なのは、計画やアクションプランの作成過程で中間案や最終案など、最終決定に至る前の各段階でも報告してもらうことになっていまして、いきなり議案として条例案や予算案が上がって来て議会が泡を食う、もしくはよく分からないままになし崩し的に賛成してしまう、というようなことがないように予防線を張っているのです。

おかげで多岐にわたる行政の様々な進捗を大まかにでも頭に入れておかないといけないわけですが、それこそ議会人としての本懐というものですね。

さて最近よく議会で話題に上がってくるのは『危険ドラッグ』についてです。少し前までは『脱法ドラッグ』という総称で出回っていたものですが、『脱法』という言葉が『法を犯していない』と履き違えて捉えられ、しかも安価で気軽に買えるということでかなり若者を中心に半ば公然と販売されてきた経過があり、今その出所を徹底的に潰していっています。またさらにそのための条例が今議会に提案され、これから定例会最終日には議決される見通しとなっています。日本で最も厳しい内容となっています。

ただ、所管が警察ではなく府民生活・厚生常任委員会の方なので、我々は『審議』ではなく『報告事項』という形で受けました。

薬物については本当にいたちごっこのようです。まずは公然と販売されないようにし、危険であることをしっかりと一般の方々に認知していただき、物理的に手に入れることが難しくさせていって『危険ドラッグ』の一番の特徴だった気軽さを潰していき、撲滅に向けて取り組んでいくこととしています。

JUGEMテーマ:警察

| あんしん・あんぜん | 2014.12.18 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1081
トラックバック