京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 舞鶴国際埠頭の新倉庫の竣工。 | main | 舞鶴水産流通協同組合創立60周年記念式典。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
みずなぎ鹿原学園秋祭り&赤れんがフェスタ。
h261018:みずなぎ001
秋晴れの最高のイベント日和の今日、舞鶴市内では様々なお祭りや行事が開催されていました。まずこちらは社会福祉法人みずなぎ鹿原学園の秋祭り。百数十人ものボランティアが参加しての大規模なお祭りに、私も家族4人で参加しました。

h261018:みずなぎ002
オープニングを和太鼓の演奏で飾っていただきました。『喜悳(きしん)』という子どもたちの和太鼓グループです。今年15周年を迎えられたそうですよ。

h261018:みずなぎ003
長男と一緒にちょっとだけ杵(きね)をつかせていただきました。このお餅も小さく丸められて販売されていました。

h261018:赤れんがフェスタ001
その後、公務が終わったので長男を連れて赤れんがパークに行きました。今日は赤れんがフェスタというイベントをやっていまして、アートクラフトの販売会、ダンス大会、お茶のイベント、食べ物のブース等々にとてもたくさんの人たちが集まっていました。それでここはどこだと思われますか?一番大きな赤レンガ倉庫、5号棟のロフトです。ホールの上階がこんなふうになっていることを初めて知りました。今までは物置になっていたらしいのですが、非常に雰囲気が良いということでこの機会に絵画の展示会が開かれていました。こうした情緒豊かな使われ方がこれからも多くありそうな気がします。

h261018:赤れんがフェスタ002
窓の外を見るととても気持ちの良い眺めです。赤レンガ、芝生のみどり、その奥には海が見えます。いいですね。

h261018:赤れんがフェスタ003
会場には海上保安庁のマスコット、『うーみん』がいたので一緒に写真を撮ってもらいました。今日は本当に良い天気で汗ばむ陽気でして、『うーみん』に『暑い中お疲れ様です』と声をかけたらうなずいていました。

京都府はここのところ週末になると台風がやってきていたので久しぶりにスカッと晴れた気持ちのいい週末でした。明日もたくさんの行事にお招きいただいているので時間単位で文字通り西へ東へとなりそうです。

JUGEMテーマ:京都府舞鶴市ネタ
 

| まちに元気を取り戻そう! | 2014.10.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1068
トラックバック