京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 岡本忠藏の実績。 | main | 講義・講演3本立て。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
ありよし。
いつもは懇親会などに呼ばれることの多い私ですが、昨夜は同級生3人で食事に行きました。場所は『ありよし』というお店です。有吉さんは私の所属している舞鶴商工会議所青年部のメンバーでして、あとで聞くとお店を出したばかりなのに非常に評判が良くてなかなか予約も取れない状況だとか。私は10日ほど前に電話をしたら3人の席がたまたま開いていて気楽に予約したのですがどうやらそれは奇跡的なことだったようです。

h260424:ありよし001
もともとは飛騨高山の超有名料亭の料理長を務められていて、皇室料理も2度させていただきましたと言っておられました。私は彼のことはずっと前から知っていたわけですがそんな経歴を持っていたとはつゆ知らずお店の予約をしたわけです。

h260424:ありよし002
お店に入るとカウンターが7席。これですべてです。暖簾をくぐって他のお客さんを見ると知った人ばかり。狭い舞鶴ですからねえ。そして一番先に目を引いたのはこの包丁でした。上から2番目の包丁をずっと続けて大切に使い続けていると、研がれて研がれて一番上のようになったのだそうです。いまでも非常に使いやすいということでした。

h260424:ありよし003
お料理はほかのお客さんも含めて19時に一斉にスタートさせてくださいと事前に聞いていました。それが最高のパフォーマンスを出すために必要なことなのだと後で気づきました。

h260424:ありよし004
これは鯨(クジラ)です。一応その日のメニューは前の日くらいに考えて仕入れに行くのだそうですが、この日は鯨があったのと、後で出てきますが10kg級の天然真鯛があったのでこれらを中心に全部メニューを組みなおしました!ということです。料理にかける情熱が半端ではないんですね。

h260424:ありよし005
お造りです。クリクリッとしたつまは自分がもくもくときれいにむいたので残されると悲しいので全部食べてくださいと笑っておられました。

h260424:ありよし006
お寿司を手渡しでいただきました。こんなおいしいものが小さいの1貫、これをおなかいっぱいに食べたかったです・・・。ご飯は『龍の涙』という突然変異で生まれた品種で、飛騨で料理をしていた時に惚れ込んだのだそうです。その当時は誰も知らなかったということですがその後ブランド化されて他県にまで広がってそのおいしさが認められ、とても入手困難なお米です。

h260424:ありよし007
こちらはヨコワの握りをあぶっていただきました。これもほんのちょっとしか・・・。

h260424:ありよし008
良い料理には良い酒を。有吉さんが気に入った酒を取り寄せているとのことですが、中にはなかなか売ってくれなくて頭を下げて売ってもらったものもあるんですって。

h260424:ありよし009
私はこの前の夜、若手グループに武士道精神の講義をしたのですが、武士道の中でも『葉隠れ』の話をしました。『葉隠れ』は佐賀県鍋島藩の発祥ですから『これは呑んどかんと!』って感じでした。これも出会いですね。

h260424:ありよし010
これは地元・舞鶴の酒蔵です。今は流通が発達しているので遠方のお酒を取り寄せることは可能ですが、お酒は本来、地元の酒を呑むのが普通だったのです。

h260424:ありよし011
この時の有吉さんは話しかけても答えがありません。それだけ集中されているんですね。

h260424:ありよし012
これは何の手巻きなのか分からなかったです。おいしいことには間違いありません。

h260424:ありよし013
こんなふうに次々に出てきます。ブログでもフェイスブックでも載せてもらってかまわないと言ってもらいました。

h260424:ありよし014
最初はちょっと雑談していたのですが、だんだん料理に集中していくようになります。一つ一つの品がどんななのか、有吉さんの話に引き込まれていくんですね。

h260424:ありよし015
天ぷらも何品か出てきました。塩がまた何ともふくよかでうまいんです。

h260424:ありよし016
下のソースをからめていただきました。

h260424:ありよし017
もともと真鯛は深い所にいるので天然の鯛はきれいな色をしています。養殖の鯛は浅いところで育てられているのでどうしても紫外線を受けて日焼けしていると聞いたことがあります。さてこれだけ大きな真鯛を7人でどうやって食べるのだろうと思っていたのですが・・・。

h260424:ありよし018
棒寿司にします!ということで我々にひととおり見せてくれたあと調理に入りました。

h260424:ありよし019
秘伝のたれが塗られた棒寿司、なんだか魔法かマジックのように流れていきます。

h260424:ありよし020
おまけにもうワンショット。

h260424:ありよし021
最後のほうじ茶のプリン。今日の仕込みは最後に出すこのプリンから始めました、と笑っておられました。

よく言われるらしいのですが体がもたないのでランチはしないということです。今日も朝8時から座っていないと。ふつうは1人の料理人が5人のお客様を相手をするのが限界、と言われているが私は頑張って7人までやっているということで、とにかく始めから終りまで、隅から隅まで目配り気配りでした。
私は普段いつもこんな食事をしているわけではありません。ただ感動したのでブログに乗せることにしました。なかなか予約が取れないと聞いていますが、よろしければぜひどうぞ。料理も含めてすごい時間を過ごすことができると思います。

[ありよし]
 住所:京都府舞鶴市桃山町4-2 ウィズビル2階
 電話:0773-77-5205

JUGEMテーマ:関西おすすめ料理店 

| Photo Album | 2014.04.25 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1020
トラックバック