京都市・乙訓地域を拠点に日夜奮闘中! 岡 本 忠 藏 ( おかもと ちゅうぞう )
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
What's new!

いつもお世話になっております! m(_ _)m 

活動日誌      日々、更新中!
議会報告      H25.06.27 更新!
Photo Album   H27.12.13 更新!
おかちゅう動画!  随時、更新中!
基本理念      H26.12.08 更新!
 
<< 今年の桜。 | main | 松尾ゴボウ。 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
建仁寺、護国神社。
私が所属している林英臣政経塾の政治家天命講座の第9期が始まりました。20名以上の塾生が全国から集まり、京都の地で受講認定を受け、講義を受け始めました。そして塾生が学んでいる間、我々塾士は自分たちの研修を行いました。

h260410:建仁寺001
この日は座禅をさせていただくべく建仁寺へ。林塾の講座は三条京阪の近くの旅館だったので歩いて向かいました。20分くらいでしょうか、桜がまだ美しく咲いている中を祇園の花見小路を通り抜けました。そのドン突きにあるのが建仁寺です。

h260410:建仁寺002
若くてイケメンのお坊さんに、まずは座禅から得るものをご講義いただきました。物事は自分が成し遂げなければ、とついつい強く思うものだが『他力』でいいんです。『無力』でいいんです。なかなかその境地にたどり着くのは難しそうですが・・・。

そして読経し、座禅しました。時間は1時間強だったそうです。ビシッと微動だにしないのを目指すのではなく、軸だけはしっかり通してゆらゆらと自然に身を任せてゆれるくらいの柔軟性があった方がよいと教えていただきました。最初は周囲の音や風などに気を取られてなかなか気持ちが入っていけなかったのですが、少しずつ少しずつ自分の中に入っていけるのが分かるようになります。なんかどうでもよくなっていくんですね、一言で説明しづらいのですが。

そして持参してきた雑巾で清掃しました。ある者は戸板を、ある者は床を、誰も一言も発さず一心に雑巾がけをしました。
すべて終わったのは2時間くらいでしょうか、本当にすがすがしい気持ちになりました。

h260411:護国神社001
翌日は京都霊山護国神社へ。全国に護国神社はありますが、京都は坂本龍馬のお墓があることで有名です。私たちも国難に殉じた志士たちを表敬すべくお参りしました。ここはまさに坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓の前です。最も高い所には木戸孝允と幾松さんの碑があったんですが、龍馬さんのお墓はそんなに上にはありませんでした。多くの人々に本当に尊敬されている坂本龍馬ですがそんなに身分が高いわけではありませんでしたのでこんな感じなのかなあと思ったりしました。

h260411:護国神社002
しかし龍馬のお墓から見える景色はすばらしい。京都市内が一望でき、この日は本当に天気も良かったのでポカポカ陽気でとても気持ちが良かったです。

h260411:護国神社003
その後、霊山歴史館を拝観しました。特にペリーと江戸幕府との駆け引きがどんなだったかということを詳しく学ぶことができました。あの激動の時代の政治の動きですから、大変興味深かったです。また幕末の志士を敬いながら会津藩の活躍を讃えているところもおもしろかったです。

自分を見つめなおすためにも時々は座禅をしたり禊をしたりすることはとても大切だと再認識しました。また近くにいながらなかなか来ることのできなかった京都霊山護国神社に参拝し、龍馬のお墓にお参りもできました。私にとってとても心の満たされた研修でした。

JUGEMテーマ:坂本龍馬 

| 国家観。 | 2014.04.11 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 2019.05.08 Wednesday | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyuzo.jugem.jp/trackback/1013
トラックバック